無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カギは"布"にあるんです♡一気に垢抜けるインテリア術

お部屋の模様替えも決められたスペースでは限界があります。家具のレイアウトはそのままでも、“布”の力で雰囲気をガラリと変えることができますよ。

インテリア

布が主役のお部屋づくり

室内を見渡すと布製のアイテムに囲まれていることに気付きませんか?

Photo by Karly Santiago / Unsplash

身につける衣類をはじめ、ラグ・ファブリック、インテリア雑貨に至るまで、布は生活空間にはなくてはならない素材です。

いつものお部屋に布のアイテムをプラスするだけでOK。高価な家具の買い替えを急がなくても劇的な変化が遂げられますよ!

大きなスペースに布を取り入れる!実例7選

透け感のあるレースやオーガンジー、手荒に扱ってもビクともしない帆布など多種多様な布が存在します。天井、壁、床の広い面積に布を取り入れましょう。

①タペストリー

サボテンをモチーフにした淡い水彩画のような清涼感あふれるタペストリー。目線を低い位置に置くことによって室内の広がりを感じさせてくれます。

②タペストリー×ラウンドビーチマット

同じくタペストリーとパレットベッドを使用した対比的コーデ、「静」と「動」をそれぞれ表現する素敵な空間です。

サンセットビーチが印象的なタベストリーとラウンドビーチマットをラグ使いしたボヘミアンスタイル。丸、三角、四角の要素をリズミカルに取り入れた視覚のアイデアが光ります。

③タペストリー×同系色のカバーリング

ブルー系のグラデーションが爽やかなカバーリングは、メンズライクな空間に陥りがちです。華やかなエスニック柄のタペストリーを加えてフェミニンさをプラスしましょう。

④オーガンジーの障子

記事に関するお問い合わせ