無料の会員登録をすると
お気に入りができます

利き手にネイル、上手くできてる?両手ともきれいなセルフネイルにする方法♡

ビューティ

利き手にネイルを塗るのが難しい!

セルフネイルで一番難しいプロセスといえば、利き手と反対の手でマニキュアを塗ること。手が震えてはみ出したりすることはありませんか?

手先が器用でなければ無理だと思われがちですが、ちょっとしたコツを知っておけば不器用さんでも上手く塗れるようになりますよ。早速そのコツをチェックしてみましょう。

綺麗に塗るためのコツとは?

まずはネイルポリッシュ選びから

一度塗りでしっかり発色する濃厚なマニキュアは、ムラになりやすいので難易度高め。サラッとして伸びの良いテクスチャーのものを選び、薄く重ね塗りして仕上げる方が失敗しにくいんです。

お気に入りのマニキュアが古くなってドロッとしてきたら、ネイル用の薄め液を入れてみてくださいね。薄め液は100均にもあります。

両手を台の上に置く

手が震えて上手く塗れない場合は、こちらの向かって右の手(左手)のように手首から小指の先までをぴったりテーブルにつけましょう。このポジションをキープすれば、安定して震えにくくなります。

利き手を動かしながら塗る

動画の2:00~のようにマニキュアを持っている手は縦方向だけに動かし、利き手を左右に動かして調節する方が歪みが少なくなります。爪先に塗ることも忘れないでくださいね。

はみ出た部分は後から拭けばOK!

失敗したりはみ出したりするのは仕方のないことです。塗った直後に爪楊枝の先端で少し修正して、塗り終わったらリムーバーを浸した筆で周りを拭いておきましょう。このひと手間でグッと綺麗になります。

次は、どちらの手でも綺麗に仕上がるデザインに挑戦してみましょう。ポイントは筆を使わないこと。例えばパーツを乗せたりマニキュアをスポンジで叩き込むやり方なら、失敗することは少なくなりますよ。

記事に関するお問い合わせ