無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

「おせっかい」と「気配り」の違いって?彼との程よい距離感を教えます♡

彼にしてあげた「気配り」も、一歩間違うと「おせっかい」になってしまうかもしれません。恋人とは絶妙な距離感が必要です。そんなおせっかいと気配りの違いについて解説します。

恋愛・結婚

彼への「気配り」要注意!

「おせっかい」だと思われているかも…

彼のためだと思って「気配り」することもありますよね。しかし、やり方を間違えてしまうと、彼にとってはただの「おせっかい」になっていることもあるのです。

この二つの違いは何?そこで、具体的なシチュエーションを交えて「おせっかい」と「気配り」の違いを解説。ちょっとした心がけで、「おせっかい」も「気配り」に変わります。

彼と連絡が取れないとき

彼を疑って“不安”になるのはおせっかい

彼からの連絡が途絶えてしまったとき、あなたはどう思いますか?「私と別れたいの?」「もしかして浮気?」と彼を疑い、不安になっている方はいないでしょうか。

そして、彼に疑いを投げかけてはいませんか?彼は忙しいだけかも、忘れているだけかもしれないのに…。自分の中で勝手に想像を膨らまして不安になり、あれこれと詮索するのはNGですよ。

彼を思って“心配”するのが気配り

連絡が取れなくなったときは、第一に彼のことが心配ですよね。「仕事が忙しくて大変なのかな」「事故とかに巻き込まれていないかな」など。まずは彼からの連絡を待ちます。

連絡が来れば心から安心できるはず。相手の立場に立って、どうするのか判断できるのが気配りです。

相談されたとき

“上から目線”でダメ出しはおせっかい

彼から相談されたときに、どんな返答をしていますか?「~~しなよ」「それだからあなたはダメなのよ」と、上から目線でダメ出しをしてしまっていませんか?これはまさにおせっかい。

彼のやる気を出させるためにあえて言っているとしてもNGです。上から目線で言われると見下されている気持ちになります。強いダメ出しでは「自分はダメだ」と彼の心が折れてしまうだけです。

記事に関するお問い合わせ