無料の会員登録をすると
お気に入りができます

流行語大賞は「3密」に栄冠 選考委員がこの言葉を絶賛した理由

今年一年を振り返る「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表された。選ばれたのはあの言葉…!

エンタメ

1日、第37回となるユーキャン新語・流行語大賞の発表が行われ、2020年を象徴する流行語の年間大賞として「3密」が選ばれた。

流行語大賞

■コロナ関連が約半数

新型コロナウイルスの猛威が印象的だった2020年。

事前に公表されていた30のワードを見ると、「鬼滅の刃」「香水」「時を戻そう」などアニメ、音楽、お笑いなどエンタメ関連のワードが並んでいる中、「アマビエ」「アベノマスク」「クラスター」「PCR検査」などコロナ関連のワードが多数あがっており、例年にはない状況となっていた。

30ワードのうち15はコロナ関連ワードだったが、その中から見事2020年を象徴する言葉として年間大賞選ばれたのが「3密」だった。

関連記事:おぎやはぎが流行語大賞を予想 『鬼滅の刃』『香水』ではなくて…

おぎやはぎが流行語大賞を予想 『鬼滅の刃』『香水』ではなくて…

■「3密」が栄冠

流行語大賞にネガティブな事柄が選出されることは比較的少ないが、さすがにここまで世界を混乱させているパンデミックを無視することはできなかった。

コロナ対策によって、経済、政治のほか、新たなトレンド、アイテム、サービスも生まれ、「新用語」が次々誕生した1年だと感じさせた。

■「2020年流行語大賞」落選ワード一覧

ちなみに落選したワードは以下の通り。

・愛の不時着/第4次韓流ブーム
・新しい生活様式/ニューノーマル
・あつ森
・アベノマスク
・アマビエ
・ウーバーイーツ
・AI超え
・エッセンシャルワーカー
・おうち時間/ステイホーム
・オンライン◯◯
・顔芸/恩返し
・カゴパク
・鬼滅の刃
・クラスター
・香水
・GoToキャンペーン
・自粛警察
・Zoom映え
・総合的、俯瞰的
・ソーシャルディスタンス
・ソロキャンプ
・テレワーク/ワーケーション
・時を戻そう(ぺこぱ)
・NiziU(ニジュー)
・濃厚接触者
・BLM(BlackLivesMatter)運動
・PCR検査
・フワちゃん
・まぁねぇ~(ぼる塾)

関連記事:『鬼滅の刃』人気で溢れる“あの和柄”グッズ 本当に問題はないのか

『鬼滅の刃』人気で溢れる“あの和柄”グッズ 本当に問題はないのか

■「とてもわかりやすくまとめられた言葉だ」

冒頭の挨拶で選考委員である言語学者・金田一秀穂氏は「もうちょっと違う言葉を選びたかったよなあというのが本音。選考の際もうんざりしながら探した。パンデミックなど、未成熟な言葉、外来語、日本語でも『濃厚接触』とか、熟さない言葉が多くそれにもうんざり」とコメント。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ