無料の会員登録をすると
お気に入りができます

がんばってます感が出ない!こなれ見え「ちょいハネアレンジ」♡

「内巻き」、「外ハネ」等、毛先のニュアンスを楽しむスタイルはいろいろありますが、大人な私たちには「頑張った感」が強くファッションとの違和感を感じてしまうことも。そこで、大人のさりげないニュアンスが楽しめる、「ちょいハネ」アレンジをご提案します♡

2017年11月
ヘアスタイル

「ちょいハネ」とはこんなスタイル!

Media?size=l
instagram.com

さりげなく、毛先が少しだけハネているのが「ちょいハネ」です。ハネていない部分は内に巻いていたり横に流れていたり…。ラフに仕上がるので、大人の日常にピッタリのヘアアレンジなんです。

Media?size=l
instagram.com

見た目がオシャレなだけでなく、忙しい私たちに嬉しいポイントも盛りだくさん♡ 早速、そのポイントと実際のスタイルをチェックしていきましょう。

「ちょいハネ」のいいところはココ!

いいところ① 髪質問わず楽しめる

うねりやハネが気になるクセ毛さん。パーマがかかりづらい直毛さん。コシのないネコ毛さん。それぞれ悩みはありますが、この「ちょいハネ」はそれぞれの悩みをカバーしてくれます。

hair.cm

ところどころハネているスタイルなので、クセ毛さんのうねりやハネをそのまま活かせます。また、取れかかったパーマのようなゆるいハネが魅力なので、直毛さんはしっかり目のピンパーマをかけることで「ちょいハネ」が叶います。

hair.cm

ネコ毛さんのホワッと柔らかい髪質は、まさに「ちょいハネ」で表現したい質感にピッタリ! すべての人がそれぞれ楽しめるのが「ちょいハネ」の魅力なんです。

いいところ② スタイリングが簡単

Media?size=l
instagram.com

がっつり内巻き、がっつり外ハネ…そんなガチガチのブローをしなくていいのが「ちょいハネ」のメリット。ハンドブローのあと、ワックスやクリームをなじませた手でクシャッと握るようにスタイリングすれば完成です。

hair.cm

たったこれだけで、ラフな印象のこなれヘアが完成します。毛先をつまんでウェットに仕上げてみたり、空気を含ませたり、最後の仕上げでさまざまな雰囲気を楽しむことが可能です。

instagram.com

完璧な「ちょいハネ」を作りたい場合は、もちろんブローをした方がきれいにスタイリングができます。難しいテクニックは必要ないので、スタイリングのコツを動画でチェックしてみてくださいね。

せっかくキメたスタイルは、一日中キープさせたいですよね。スタイリング剤の付け方ひとつで持ちが随分変わってきます。ここでは、ワックスのもみ込み方をご紹介します。付けすぎないことが最大のポイントですよ。

いいところ③ 少々の乱れを気にしなくていい

hair.cm

元々、ふわっとしたシルエットで仕上げるので、風で乱れても気にする必要がありません。むしろ、風で吹かれた方がふわふわの柔らかい雰囲気が活かされる場合も。冬の北風も気にせずお出かけができますね。

レングス別「ちょいハネ」style

ショートさんなら

hair.cm

毛先がピョンピョン遊ぶ「ちょいハネ」。ショートさんの場合は首元がすっきり見えるので、小顔効果が期待できますよ。ネックレスやピアスのアクセサリーも映えるので、女性らしさも存分にアピールできます。

Media?size=l
instagram.com

首元が大きく開いたお洋服とも相性抜群。ヌードカラーのトップスなら、ますます小顔にみえるという嬉しい効果も。さらに、今旬のボリュームネックファッションの着こなしもサマになるんです。

hair.cm

寒い時期に欠かせないファッション、ボリュームのある襟元にはショートヘアがよく似合います。襟やマフラーに当たりピョンと遊ぶ毛先、このこなれたシルエットが叶うのはショートさんならではですよね。

hair.cm

厚めバングとのバランスもベストマッチ。ショートさんの厚めバングは全体が丸いシルエットになり可愛さが勝ってしまいがちですが、毛先が遊ぶことでスタイリッシュさがプラスされ、大人な雰囲気になります。

ボブさんなら

Media?size=l
instagram.com

扱いやすいレングスでいろいろなシルエットを楽しめるボブさん。でも、ハネたりうねったりが一番多いレングスであることも事実。「ちょいハネ」なら、そのハネやうねりをそのまま利用してスタイリングできますよ。

Media?size=l
instagram.com

かきあげたような、ふわっとしたシルエットが色っぽいスタイル。直毛さんなら毛先にピンカールのパーマをかけるだけでOK。スタイリングは、内巻き外ハネ気にせず、毛先の向くまま自然に仕上げるのが正解です。

Media?size=l
instagram.com

毛先のニュアンスに合わせて、前髪も散らすように下ろせばマニッシュな雰囲気に。あえて、チークをしっかり目に入れたおフェロメイクで、ヘアとメイクのアンバランスを楽しむ上級テクに挑戦してみるのも◎。

Media?size=l
instagram.com

艶っぽさを出すなら、全体をセミウェットに仕上げましょう。ただ色っぽいだけでなく、アンニュイな魅力たっぷりの女性を演出できますよ。

Media?size=l
instagram.com

ポニーテールにした時の毛先がなんとも可愛く仕上がるのはボブさんの特権。「ちょいハネ」なら、ピョンピョンと散らしたようなシルエットになり、大人可愛いカジュアルな雰囲気が作れます。

ミディアム~ロングさんなら

hair.cm

縦に長さが出る分、「ちょいハネ」の絶妙なニュアンスを表現するのは難しいのでは? いいえ、そんなことはありません。軽くレイヤーを入れて透け感を出すことで、色っぽい「ちょいハネ」を楽しむことができます。

Media?size=l
instagram.com

表面の短い髪だけ外にハネるように軽くブロー。あとは毛先にベビーオイルやクリームなどをもみ込むだけ。長短それぞれの髪で違う動きが出るので、揺れる度のシルエットが可愛く、お出かけが楽しくなりますよ。

Media?size=l
instagram.com

サイドは内巻き、バックは外ハネ、こんな「ちょいハネ」も長さがあるから楽しめるアレンジです。360度、すべて違うシルエットになりオシャレ度120点満点!

Media?size=l
instagram.com

顔周りからレイヤーをたっぷり入れれば、「ちょいハネ」の色っぽさを楽しみながら、顔の輪郭をカモフラージュすることができます。動くたびにふわふわ動く毛先の質感は、このレングスだけが楽しめる特権ですね。

hair.cm

ロングさんはどうしても縦に長いシルエットになるので、顔周りだけ「ちょいハネ」に。メリハリが出て小顔に見える効果が期待できます。この場合、前髪はセンターパートにするのが正解です。

頑張ってる感が出ないから、大人にぴったり♡

Media?size=l
instagram.com

ピョンピョンと軽やかに動く毛先がナチュラルな印象の「ちょいハネ」。「アレンジ頑張ってます感」を感じさせないので、大人のファッションと相性抜群です。このさり気なさをぜひマスターしてくださいね!

記事に関するお問い合わせ