無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理痛、PMSは体質や生活習慣に関係ない? 漢方医伝授「タイプ別対策」

PMSや月経困難症などを「漢方」で対策している女性もいると耳にします。どんな人が漢方に向いているのでしょうか? 漢方専門医にPMSや月経痛などの月経困難症が起きやすい体質や生活習慣、診察方法や漢方薬の選び方をうかがいました。

美容

PMS(月経前症候群)や、月経痛などの月経困難症などに悩んでいませんか?

PMSや月経困難症が起きやすい人、起きにくい人がいますが、これは体質の差なのでしょうか? 生活習慣や漢方薬との付き合い方を見直すことで、痛みや不調を和らげることはできるのでしょうか?

『のぞみ女性クリニック』院長で、日本産科婦人科学会専門医、漢方専門医である内山心美先生に、漢方医学の視点からみたPMS・月経困難症の原因や、漢方医による診断方法、症状ごとにおすすめの漢方薬を教えていただきます。

PMS・月経困難症が起きやすい体質や生活習慣は?

――PMSや月経困難症はなぜ起きるのでしょうか? 内山先生は次のように話します。

内山先生 「産婦人科診療婦人科ガイドライン 婦人科外来編」によると、PMSの原因は不明とされています。日本女性学会では、生活習慣や仕事の有無にもほとんど関係しないといわれています。

東洋医学的に考えると、仕事、子育て、家事などからの過度なストレスにより、気の変調である気虚(ききょ)、気逆(きぎゃく)、気滞(きたい)が現れ、2次的に血の滞りである瘀血(おけつ)となることで、痛みの原因となったり、PMSで起きる精神症状につながったりする可能性があります。

1. 気の変調

内山先生 人間の体は「気・血・水」がバランスをとり、互いに循環していれば健康な状態と考えられています。過労やストレスによりその動的均衡が崩れると、気は上昇し、血が停滞、あるいは下降しようとします。例えば、次のような気の変調が起きてきます。

気虚:体に必要なエネルギーが不足している状態です。

気逆:いわゆる、のぼせ症状、イライラや頭痛、動悸、胸や咽頭にものが突き上げてくるような症状です。

気滞(気鬱):気が上昇し、どこか詰まってしまうことにより、その閉塞症状として症状が現れます。のどにものがつかえている違和感、胸が重苦しい、おなかが張る、頭重感などです。

東洋医学には、気・血・水という考えのほか、「肝・心・脾・腎・肺」の五臓の考えもあります。PMSにおけるイライラや抑うつなどの精神症状においては「肝・心・脾」の失調によるものと考えることができます。

「肝」の失調…イライラ、易怒性(いどせい/怒りっぽさ)、乳房緊満感(乳房の腫れ・硬化・痛みなど)
「心」の失調…眠気、集中力の低下、意欲減退
「脾」の失調…腹痛、腰痛、腹部膨満感、嘔気、便秘

2. 血が滞る瘀血(おけつ)

内山先生 瘀血とは、毛細血管などの静脈系微小循環不全による血の停滞をいいます。症状としては口の乾き、唇や舌が暗赤色、下肢静脈瘤、痔、月経障害、目のクマ、あざなどです。

瘀血が生じる背景としては、遺伝体質や加齢、自律神経系の失調、打撲、肥満、運動不足、喫煙、冷えなどが挙げられます。

PMS・月経困難症を漢方で対策するのがおすすめの人

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ