無料の会員登録をすると
お気に入りができます

かゆい所に手が届く♡冬におすすめなちょっとした裏ワザ10選

あっという間に秋も終わり、寒い冬がやってこようとしています。そんな冬を少しでも快適に過ごすため、簡単で便利なライフハックをご紹介します。今日から実践できるものばかりですよ♡

2017年11月
ライフスタイル

ちょっとだけ便利な冬の過ごし方

湿度調節や体調管理など、空気の乾燥する冬はいろいろ大変なことがあります。そんな今の季節にちょっとだけ裏ワザを使うことで、日々の生活を快適に過ごすことができるかも?今日から使える裏ワザをご紹介します。

体を冷やさないようにしよう

1.カイロを貼る場所はココ

寒くなると使い捨てカイロを毎日使うこともありますよね。ゾクゾクっと冷えてしまうときには「風門」と呼ばれる、首の下のあたりにカイロを当てることで、体が中から温まります。

2.冷たい指先をすぐ温める

親指をぎゅっと握ったあとすぐ、思いっきりパーの形をします。それを素早く繰り返すことで、手首から先の血流がよくなって、指先が温かくなってきます。

3.正しい毛布の掛け方

毛布はカラダ側に掛けてしまいがちですが、実は外掛け布団の上に毛布を乗せることによって、中の温度を逃がしにくくすることが分かっているそうです。ためしに一度実践してみてくださいね♡

4.洗った髪を素早く乾かす

気温の低い脱衣所ですと、お風呂上りに湯冷めしやすくなります。濡れた髪を乾かす際には、まずタオルで髪全体を覆った上からドライヤーを当てて乾かすと通常より早めに乾きますよ。

詳しいやり方はこちら

服に関するおすすめの裏ワザ

5.しつこい毛玉を上手に取る

毛玉取りで一番やってはいけないことは「むしり取る」ことです。生地が傷まないように、T字型のカミソリを使って優しく繊維の目に沿ってなでるように切っていくと、きれいに取ることができます。

6.静電気を寄せ付けない

これからの季節、バチっと来る静電気にはいつも悩まされますよね。そこで、ドアノブなどを触る前に木製のものを触って電気を逃がします。もしくは、ハンドクリームを多めにつけて手の乾燥を避けるのもおすすめです。

乾燥から体を守ろう♡

7.プルプルの唇を保つ

乾燥しがちな唇は、すこし大きな口を開けただけでもピキっと割れてしまいます。そんなときは、ワセリンリップクリームにほんの少しだけ「はちみつ」を混ぜることによって保湿効果がアップします。

優れた保湿効果があり、美容効果が高いと話題のはちみつ。
蜂蜜・蜜ろうに本来含まれている保湿・殺菌効果を最大限に活かす。
www.matsujiro.co.jp

8.湿度たっぷりな部屋にする

鍋に適度な水を入れて沸騰させます。その時に上がった蒸気がふわっと部屋に広がり、乾燥した部屋がホカホカになるんです。沸騰したあとは火を消して放っておいても加湿されるので便利ですよ♡

からだの内側から温まる

9.ビタミンB1をたくさん摂る

豚肉や大豆には、糖質の代謝を促進させてくれるビタミンB1が含まれています。代謝が上がるということは体の中のエネルギーが活発になることなので、血流がよくなりからだ全体が温まります。

ビタミンB1は、糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。
また糖質を栄養源として使っている脳神経系の正常な働きにも関係しています。
www.glico.co.jp

10.朝起きたら白湯を飲む

腸を温めることで冷えが解消されるといわれています。朝一番、胃や腸に何も入っていない状態で温かい白湯を飲むことによって、体の芯からホカホカになりますよ。

寒い冬を味方につけよう♡

お気に入りの裏ワザは見つかりましたか?気温も低くて嫌になっちゃうこれからの季節ですが、ほんの少しの工夫で寒い冬を快適に過ごしましょう♡

記事に関するお問い合わせ