無料の会員登録をすると
お気に入りができます

しつこい肩コリ&猫背を改善♡オフィスでもできる肩甲骨ストレッチ

「首や肩のコリがつらい」「いつのまにか猫背になっている」、そんな悩みを抱える方におすすめしたいのが「肩甲骨ストレッチ」です。凝り固まった体を気持ちよーく伸ばしませんか?

美容

+二の腕痩せも叶うストレッチ

9.ひねって気持ちいい肩甲骨タッチ

他のパーツも鍛えられるストレッチなら一石二鳥ですよね。そこで二の腕痩せを目指せるトレーニングをピックアップ。取り組んでいるときには、肩甲骨と二の腕のどちらも意識するのがポイントです。

instagram.com

①左手の人さし指と中指で、右の肩甲骨を3秒つまむ。
②左手の人さし指と中指で、左の肩甲骨を3秒つまむ。
③左右それぞれ10回ずつ。
④体の後ろで腕をクロスし、それぞれ肩甲骨を3秒つまむ。

10.時間をかけてじっくりストレッチ

肩甲骨がかなり凝り固まっているなら、さまざまなストレッチを組み合わせたトレーニングでコリを解消しましょう。二の腕にも効果が期待できるストレッチです。

instagram.com

①両手を両肩にのせてひじを大きく回す。
②片ひじを上げて、反対の手でひじを引っ張るように、肩と二の腕を伸ばす。
③両手を組んで真上に伸ばし、肩と肩甲骨を持ち上げながら伸ばす。
④お尻で手を組み直し、下に引っ張り胸を開く。
⑤そのまま肩甲骨を寄せながら、腕を上げて上体を倒す。
⑥手を背中で合掌させて、肩甲骨を寄せて開いて、胸も開いて閉じる。
⑦手を肩に乗せて、両腕を伸ばしてひじを開いたり閉じたりする。

バストも鍛えて美乳を目指す

11.四つん這いねじり

肩甲骨ストレッチと一緒に胸部を鍛えられる運動もあります。胸元を鍛えると美乳キープを目指せます。女性らしい体にアプローチしながらも、コリをほぐしていきましょう。

【二の腕肩甲骨バストを鍛える運動②パターン】

四つん這いになり、重心が前になるように腹圧を入れてスタート🙌

①手を大きく開き、片腕を曲げながら、反対の腕は伸ばしたまま肩を内側に入れるイメージで肩甲骨を伸ばします。肩に合わせて顔も横向きに、床に着くぐらい伸ばせそうならチャレンジしてみて下さい☺
二の腕肩全体の筋肉を使って腕立てしながら筋肉を伸ばせます🙆ゆっくり交互に10回~🔥 セット数は体力に合わせて☺

②膝付き#プッシュアップ
胸の高さに合わせて手を着きます。重心は胸に来るよう肩甲骨を寄せるイメージで上体を下げ、床を押しながら上体を起こします。腰が反らないように腹圧を高めて10回~🔥セット数は体力に合わせて☺

以前にも同じのアップしましたが、薄着になる前に鍛えられるよう再度アップします🎵
#ダイエット#ダイエット部#産後#産後ダイエット#応援団#エクササイズ#宅トレ#筋トレ#ストレッチ#二の腕#デコルテ#肩甲骨#ドレスが似合う二の腕 #応援してます#スロギー#sloggi#diet#exercise#fitness#anna上半身
instagram.com

①四つん這いになってお腹に力を入れる。
②両手を大きく広げて床につく。
③左右交互に肩を内側に入れるように床につける。
④両手を肩幅より少し広めにして、プッシュアップ。
⑤肩甲骨を寄せるイメージで。

12.引き寄せストレッチ

肩甲骨も胸も引き寄せることで、筋肉をほぐしつつ鍛えることにつながります。そんな“引き寄せる”ストレッチをピックアップ。

instagram.com

①体の前で手とひじを合わせて、ひじを曲げた状態で開閉する。
②体の後ろで両手を組んで、肩甲骨を引き寄せて、腕を上下に動かす。
③手とひじを合わせて、胸を引き寄せて、腕を上下に動かす。

気持ちよーく伸ばしましょう♡

記事に関するお問い合わせ