無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その一言で仕事がスムーズに♡大人なら覚えておきたい「クッション言葉」一覧

ビジネスの場では、言葉選び一つで相手を不快な気持ちにさせてしまうこともあります。そこで覚えて置いてほしいのが、印象を和らげてくれる「クッション言葉」。上手な使い方を学んでいきましょう。

2017年11月
ライフスタイル

知っておきたい「クッション言葉」

言葉ひとつで印象が変わる

電話対応や取引先との商談など、仕事ではさまざまな人とコミュニケーションを取る必要がありますよね。その言葉の選び方一つで、相手の受け取り方も変わってしまいます。

特に、言いにくいことをお願いしたり指摘するときには、「クッション言葉」と呼ばれるやわらかい表現を用いると印象が良くなります。そんな「クッション言葉」を、さまざまなビジネスシーンに合わせてご紹介します。

相手にお願いしたいとき

人にお願いするときは「〇〇してください」が基本形です。でも、この言い方だと相手に命令しているように聞こえてしまいます。クッション言葉を使って、やわらかい印象に変えましょう。

「〇〇していただけますか」

相手の都合を考えている上でのお願いになります。その他にもこのような表現がありますよ。

・「〇〇していただけますか」
・「〇〇していただけませんでしょうか?」
・「〇〇していただけるとありがたいのですが」
・「〇〇していただけますと幸いです」
・「〇〇願えますか?」

「お願いしたいのですが」

依頼内容の前に一言付け加えることで、さらに印象がやわらぎます。「お願いしたいのですが」「ご相談があるのですが」と最初に言ってから、本題にいくと話す内容も伝わりやすくなるでしょう。

・「お願いしたいのですが」
・「ひとつお願いしたいことがございまして」

相手にお願い・面倒をかけてしまうとき

「お手数おかけしますが」

相手にお願いや頼みごとがあるときに、言葉の前に付け加えると良いでしょう。相手の時間や手間などを配慮する言葉なので、迷惑や面倒をかけてしまうときにも使えます。

記事に関するお問い合わせ