無料の会員登録をすると
お気に入りができます

当てはまったら要注意!猫にはストレスなNG寒さ対策4つ

ペット

冬は猫のストレス要因がいっぱいなのを知っていますか? 「寒さ対策をしていれば大丈夫」と思うかもしれませんが、飼い主さんのよかれと思った対策が、猫のストレスになることもあるようです。

この記事では、猫にはストレスになりがちなNG寒さ対策4つについて紹介します。

こんな寒さ対策してない!? 猫にNGな寒さ対策4つ

cat.benesse.ne.jp

①暖房器具を複数扱っている→NG!

部屋の中でいくつも暖房器具を併用していると、部屋が暖かくなりすぎてしまいます。そうなると、猫がのぼせてしまう恐れも。

②温度設定が夏と同じで28℃にしている→NG!

冷房の設定温度は28℃が理想ではありますが、暖房で28℃設定にしてしまうと部屋が暖まりすぎて、猫が暑がる可能性があります。

③全部屋で暖房をフル稼働している→NG!

「どこの部屋にいても寒くないように」とすべての部屋を暖めてしまうと、猫が暑いと感じたときに涼める場所がなくなってしまいます。

④猫のためにスポット暖房器具を設置している→NG!

たとえば、カーボンヒーターなど部分的に暖める暖房器具は速暖性に優れてはいるものの、器具自体も高温になるので、猫が触れると危険な場合も。

暖めすぎると猫の体には負担になってしまうので注意!

cat.benesse.ne.jp

猫は寒さに弱い動物ではありますが、現在の飼い猫ももともとは外で暮らしていたので、体を丸めるなどしてある程度は自分自身で防寒することが可能に。

そのため、部屋を暖めすぎてしまうと、猫にとってはストレスとなってしまい、トラブルをもたらすこともあるのです。

冬でも熱中症になることも!

暖房器具で起こりやすいトラブルには、下記のようなものがあります。

などです。冬でも熱中症になることもあるのは覚えておきたいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ