無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意識すれば変わる。「気品」のある女性になれる10のポイント

ライフスタイル

言葉だけ上品でも、内面に品がないとボロが出てしまうもの。内面から気品のある人になり、美しい言葉を使えるようになりましょう。

4.聞き上手

人の話は途中で遮らない

会話の際に、自分ばかり話してはいませんか?相手を気遣える人は、聞き役になれます。聞く姿勢も大切です。まずは人の話を途中で遮らないこと。

きちんと相手と話に興味を持ち、まっすぐ目を見て、相槌を打つ。こうすれば相手は気持ち良く話せます。聞き上手は気遣い上手。そんな心遣いに気品を感じるのです。

5.所作が美しい

ゆっくり、丁寧に。

何気ない所作にまで美しさを感じると、人は気品を感じてしまいます。大切なのはゆっくりと丁寧に行動すること。たおやかさが現れて、上品に見えます。

Photo by Pete Bellis / Unsplash

物を渡すとき、ドアを開けるとき、立ち上がるとき。こんな何気ない動作もゆっくり丁寧にすることで、たちまち上品な姿に変わります。日頃から丁寧さを意識して、気品のある所作を身につけましょう。

6.自信があっても謙虚

常に自分を高めつつ客観視

自信があって堂々としている女性は、凜とした美しさがあります。その自信をひけらかすようなことはせず、謙虚な姿勢だと、さらに気品が生まれるのです。

常に努力をして自分を高めるこで、自信がつきます。しかし、評価されたりちやほやされると、勘違いして周囲への態度がぞんざいになってしまうもの。だからこそ、客観視して謙虚さを忘れないようにしましょう。

7.優しさと強さを持っている

自分にも他人にも

優しい女性は魅力的です。しかし、優しいだけで、相手の全てを許すのは意味がありません。強さがあり、時に厳しくできるのが本当の優しさです。

記事に関するお問い合わせ