無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意識すれば変わる。「気品」のある女性になれる10のポイント

大人になると求められるのは、かわいさよりも「気品」。ちょっとした日常の心がけを積み重ねることで、気品を身につけることができますよ。

2017年12月
ライフスタイル

「この人、気品がある」

そう思わせるのには理由があった

「気品」とは、どこか上品さが感じられる、凜とした雰囲気があること。女性として「気品がある」というのは、言われてうれしい言葉の一つですよね。

仕草や挨拶など普段から意識することで、落ち着いた上品な雰囲気は身につきます。そこで「気品」がある女性になるためのポイントを学んでいきましょう。

1.いつでも姿勢が美しい

気品のある雰囲気作りは姿勢から

気品がある女性は、どんなときでも姿勢が良いです。立っていても、座っていても、歩いても、美しいと感じるのは姿勢が良いから。

猫背、足を組む、頬杖をつくなどはNG。日頃から背筋をぴんと伸ばすことを意識しましょう。座るときは足をそろえると、つま先まで美しく見えますよ。

2.身だしなみは“先”まで気に懸ける

指先、つま先、毛先の清潔感

“先端”まで身だしなみを気にしていますか?指の爪までキレイに。靴を気にかけてつま先まで美しく。髪の毛のケアを欠かさず毛先まで健やかに。先の先まで美しいと、細やかなところにまで気がつくと思われます。

Photo by photo-nic.co.uk nic / Unsplash

そして、おしゃれをするよりも、身だしなみを美しくする「清潔感」に重きを置くこと。内面や香りなど本当に細やかな部分まで気を配り、清潔感のある美しさを目指すことが気品につながります。

3.言葉使いがキレイ

話し方・話す内容までもキレイ

話す言葉というのは内面が現れるものです。言葉使いが美しいと、気品を感じさせることができます。ほかにも敬語を使いこなしていたり、言葉を豊富に知っていたりというのも好感度が高いようです。

また、話し方も大切です。ゆっくりと丁寧に話すと、柔らかい言い方になります。さらに、話す内容も意識しましょう。気品のある人は、悪口や人を傷つけるようなことを言いません。

記事に関するお問い合わせ