無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その眉ダサ見えしてるかも!?今っぽ顔から遠ざかる「NG眉メイク」4選

メイク全体のイメージや見え方を左右する重要なパーツの眉。その時代を表現できてしまうほど、その時のトレンドが出やすいパーツであり、その分アップデートしないと古臭く見えてしまうんです。今回は、ダサ見えしてしまうNG眉メイクとOK眉メイクをご紹介します。

メイク

NG眉①:アイブロウアイテムと自眉毛の色味がフィットしていない

ヘアカラーに合わせたり、アイメイクに合わせて眉メイクアイテムを選んでいるのに自眉毛が元の毛の色のままだと自眉毛が悪目立ちしてしまいます。

明るいカラーに合わせるなら、眉毛用のマスカラやアイブロウパウダーで自眉毛のカラーを馴染ませてあげましょう。

そうすることでアイメイクやヘアカラーとマッチして眉毛だけ浮いて見えることもなくなります。

毎回マスカラやアイブロウパウダーを使うのが面倒な場合は、眉毛の脱色剤を使って、眉毛の色味を明るくするのがおすすめです。

NG眉②:眉頭の形が上のラインより下のラインが長めになっている

眉毛の印象を大きく左右する眉頭の形。

眉毛の下のラインが上のラインよりも長いと男性っぽく見えてしまいがちなので、眉毛の毛の生え方的に下が長めの場合は下のラインの不要な毛をカットしてみましょう。

上のラインを少しだけ長めに描くことで女性らしい柔らかい印象の眉毛になります。

眉頭の形を描くポイントは、上のラインは小鼻の延長線上。下のラインは目頭を目安に描くと自然に女性らしい眉頭の形になります。

NG眉③:眉の毛が生えてない部分だけ描き足している

元の眉の毛がある人ほど陥りやすいのがこのNG眉メイク。毛がない部分だけ描いて仕上げると、眉毛を描いた感が出てしまい、毛のある部分が手抜きに見えてしまいがちです。

眉の毛がある部分も、ふんわりしたアイブロウパウダーやアイブロウペンシルでほんのり隙間を埋めてあげるだけで整った印象になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ