無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“自立した女性”じゃなくてイイ!強がりをやめて素直になる方法

強がって毎日心をすり減らしていませんか?完璧主義な女性こそ要注意。もっと肩の力を抜いてみましょう。ここでは強がりをやめて素直になる方法をご紹介していきます。

2017年11月
ライフスタイル

自立して生きていかなくてはダメ?

しっかりと自分だけの足で立てる、自立した女性こそが素晴らしい。そんな言葉を耳にするたび、それが正解だと信じ込み、どんどん自分に厳しくしてしまう女性も多いのではないでしょうか?

「大丈夫だから!」といつも強がっていると、本当の自分の気持ちを見失ってしまいます。心が疲れきってしまう前に強がりは辞め、もっと素直に生きてみましょう。そのために出来ることをご紹介していきます。

1、感情を隠さない

大人なんだから、子どものように感情を素直に表現するのはダメ。そうやって自分を押し殺していてはフラストレーションがたまる一方です。もっと喜びや悲しみ、悔しさ、怒りなどを全身で表現してみましょう。

嫌われるのを恐れている人も多いかもしれませんが、人間臭さがあった方が好感をもたれることもありますよ。

2、何もしない時間を作る

忙しいことがカッコいいことだと思うのは間違いです。周囲が忙しそうにしていると何だか焦ってしまう人ほど、何もしない時間を作るようにしましょう!

ただぼーっとする時間をつくれば、本来の自分に戻ることができます。目を閉じて呼吸だけに集中してみても良いですね。日頃から穏やかな気持ちでいた方が、何事もスムーズにいくようになります。

3、弱点を認める

「私はこれをするのが苦手」だということを認めてしまいましょう。強がって何でもできる人間を演じるのはもう辞めて。思い切って助けを求めれば、協力してくれる人は必ず現れます。

「できない」と言うのは実は勇気がいること。弱点を認める強さを持ちましょう。

4、「好き」を伝える

誰かに「好き」を伝えることも、自分に素直になるための一つの方法です。自立した女性でいるために、甘えてはいけないと思い込んではだめ。もっと愛情を示すようにしてみましょう。

記事に関するお問い合わせ