無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実はみんな決めている♡円満カップル、夫婦のルールを作ってみない?

カップルで一緒に過ごす時間が長くなると、どんなに好きでも他人同士なのでいろんな軋轢が生まれます。仲の良いカップルを見ると、「どうしてるんだろう?」と思いますよね。いくつかルールを作っているカップルも多いのだとか。そこで、ルールを作るメリットや作り方などを紹介します。

2017年12月
恋愛・結婚

仕事

・帰宅時間を連絡する
・上から目線でアドバイスしない
・お互いの予定を共有する
・干渉しすぎない

仕事が忙しい時期だとか、残業続きで帰りが遅くなるとか、仕事の予定はお互いに把握しておきたいですね。ただし、仕事の内容や人間関係にまで口を出すのはやりすぎです。共有しつつ、干渉はしすぎないこと。

お金

・お互いに支払う
・借金はしない
・収入はオープンにする
・お互い決まった金額を貯金して、その他の使い道は文句を言わない
・共有のお金は家計簿をつける
・高額な買い物は相手に確認を取る

お金は信用が大切だというルールばかりですね。夫婦となるのであればお金は自分のだけのものではないと自覚することで、それでもプライバシーは守ることが大切なようです。

家事・育児

・子供は何よりも優先
・大まかに家事分担を決める
・やってもらって当たり前と思わない
・脱いだ服は裏返したら戻して洗濯カゴに入れる
・晩ご飯のいるorいらないの連絡は17時まで

家事分担はお互いの負担にならないように平等に。ただ、細かく決めてしまうと「本当は相手の家事なのに自分がやっている」というような気持ちになってしまうので、大まかなルールにしておいた方が良いです。

そして、育児や家事は人がいなければできないことなので、相手への感謝を忘れてはいけませんね。

コミュニケーション

・1日に1回は連絡する
・異性とは二人きりで会わない
・二人きりの時間を作る
・一人の時間も尊重する
・尊敬し合う
・「好き」「愛してる」と言う
・不満はその都度伝える
・「ごめんね」と「ありがとう」を忘れない
・ケンカをしたら話し合い、次の日に持ち込まない
・嘘をつかない

夫婦やカップルの基本的なコミュニケーションのルールをまとめました。きちんと相手への愛情と思いやりを持っていることが、円満なコミュニケーションにつながるでしょう。

ルール作りで気をつけたい3つのこと

①必ず二人で決める

記事に関するお問い合わせ