無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「私ってダメ」思考とサヨナラ♡コンプレックスとの向き合い方

どんな人でもコンプレックスはありますよね。他人には気にならなくても、自分が気になってしまうようなコンプレックスと向き合い、あなたの心を軽くできる方法があるんです。

2017年12月
ライフスタイル

コンプレックスがつらい…

どうすれば「私ってダメ」と思わなくなる?

誰しもコンプレックスがありますよね。コンプレックスのせいで自信が持てなかったり、一歩前に進めなかったり、悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

Photo by Zachary Staines / Unsplash

「私ってダメ」と思ってしまうのはとてもつらいこと。そんなコンプレックスにお悩みの方にお伝えしたい、心が軽くなる方法があります。コンプレックスとの向き合い方を学んでいきましょう。

そのコンプレックスはどっち?

顔、体型、性格、老い、髪型、能力…など、さまざまなコンプレックスがあります。あなたにとって、そのコンプレックスは「自分の力でどうにかなること」と「自分の力でどうにもならないこと」のどちらでしょうか。

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

それぞれの向き合い方を詳しく解説します。

自分の力でどうにかなること

どうしたら改善できるか考える

「私って〇〇だから本当にダメ…」と思うなら、「私は〇〇だから、~~したら解決!」と改善策を考えてはいかがでしょうか。コンプレックスだと思うことも、「じゃあどうしたらいい?」と意識を変えてみましょう。

Photo by Ali Marel / Unsplash

ぽっちゃりとした体型が悩みならダイエットするとか。「強みがない」と悩むなら、好きなことを始めて、続けながらスキルアップを目指すとか。考えるといろんな解決法があるはずです。

コンプレックスを具体的に考える

コンプレックスを具体的に考えると、改善策を考えやすいです。例えば「体型」だけでなく、「むちむちな二の腕」「ぽっこりお腹」など気になる場所を絞れば、それに合わせたダイエット方法を探せますよね。

Photo by Larm Rmah / Unsplash

内面のコンプレックスも同じように。例えば「人見知り」だけでなく、「仲の良い人とは楽しく話せるのに、初対面の人とは緊張してうまく話せない」と具体的にすると、緊張しない方法を考えれば解決に近づきますよね。

一生懸命に努力してみる

記事に関するお問い合わせ