無料の会員登録をすると
お気に入りができます

東京・丸の内〈三菱一号館美術館〉が作品をイメージした“展覧会チケット付き花束”を販売。

エンタメ
展覧会サイト

併設のカフェでは会期中限定のタイアップメニューが登場!

展覧会を満喫したあとは、美術館に併設されたカフェ〈Café 1894〉にやってきました。こちらのカフェは、1894年に利用されていた銀行営業室を復元しています。クラシックで趣のある空間は、都心にいるとは思えないほどの非日常感です!

ドリンク付きのランチ「Vision(ヴィジョン)-モノクロから色彩へ-」2,420円。

タイアップメニューのひとつが、ランチメニューとして提供される「Vision(ヴィジョン)-モノクロから色彩へ-」。メニュー名から何となく推測できる通り、モノクロの前菜、彩り豊かなメインで、ルドンの作品がモノクロから色彩を帯びていく様を表現しています。
前菜は、「カリフラワーのムース」。上にのっているのは、トマトのジュレと、生うに。竹炭で作ったパリパリとしたチュイールは、割って濃厚なムースと一緒に味わえます。メインは、「サーモンのポワレ」。サーモンの下には紫いものピューレが引いてあり、ピューレの甘さと焦がしバターで作ったブール・ノワゼットというソースが、ほどよいバランスで口の中に広がります。ケッパーなど数種類のハーブと一緒に食べれば、調和のとれた贅沢な味わいに!
一見量が少なめに見えるものの、カリフラワーのムースや紫いものピューレに重みがあるので、満足感たっぷりでした!

「おとなのグラン・ブーケ」990円、ドリンクセットは1,320円。

もうひとつのタイアップメニューはデザートの「おとなのグラン・ブーケ」です。こちらも『グラン・ブーケ』の鮮やかな色彩を表現。下にチョコレートのムース、ブルーベリーのジャムが引いてあり、その上にゆずのソルベや巨峰などのフルーツがのっています。
軽い口当たりのチョコレートムースの甘さと、ゆずの酸味、フルーツの爽やかさが相まってさっぱりと味わえます。さらに、添えられているアルコールのリキュール「グランマニエ」をお好みでかければ、たちまち大人の味わいに!ちなみに、ランチは11:00~14:00までの提供、デザートは14:00~17:00までの提供なので、どちらも食べたい人は13:00くらいの遅めランチが狙い目かも?
今回のプランを体験してみて、花束が自宅に届き、会場に足を運び、作品を観る…その流れにストーリーがあり、より作品の世界観を楽しめました!今年はコロナの影響でアートに触れる機会が少なかったという人も少なくないはず。今年最後に、アートの世界にたっぷり浸れるプランを利用してみてはいかがでしょうか。
〈Café 1894〉
■東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館1F
■03-3212-7156
※予約は11:00〜12:00のランチ(平日のみ)、18:00以降のディナー利用に限る。
■11:00〜23:00(22:00LO)
※12月17日(木)までは~22:00(21:00LO)に短縮営業。
■不定休
■公式サイト

公式サイト

※価格は全て税込。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ