無料の会員登録をすると
お気に入りができます

くまなく活用してこそ料理上手♡食材の捨てるところレシピ13選

大根やにんじんの皮、魚の骨など、普段は捨ててしまう部分も賢くお料理してみませんか?品数も増え、節約にも繋がりますよ♡食材の使い回しを料理の達人から学んでみましょう。

2017年11月
レシピ

捨てずにきっちり活用しよう

野菜の皮、果物の皮、魚の骨など、普段は捨ててしまいがちな部分も料理に賢く利用しましょう。

廃棄部分が少なくなればゴミは減ります。そして料理は1品増えますね。環境にも節約にも良い「捨てる所を活用するレシピ」をご紹介します。

1.ネギの青い部分を使ったレシピ

ネギの青い部分は捨ててしまいがちな部分ですよね。フライパンで焼き色を付ければ、筋っぽい部分や臭みなどがとれて食べやすくなります。

instagram.com

青いネギ部分を余すところなく使え、野菜もとれるネギ餃子レシピ。口コミで「おいしい!」連発のおすすめな料理です。

2.葉玉ねぎの青い部分を使ったレシピ

葉っぱの付いた葉玉ねぎは、実食部分より廃棄のほうが多い食材です。葉の部分はパスタソースに生まれ変わらせましょう。捨てないで活用です!

oceans-nadia.com

葉玉ねぎの青い部分は調味料とともにフードプロセッサーでピューレ状にします。パスタと絡めたらあっという間におしゃれなランチが完成します。

レシピはこちら

3.みかんの皮を使ったレシピ

世界三大スープの1つトムヤムクンは、みかんの皮を干したもの(陳皮)で味付けできます。

oceans-nadia.com

みかんの皮は農薬が溜まりやすいヘタの部分だけはカットしましょう。その他の部分は水で数時間浸し、農薬やワックスを落とします。その後水分を拭き取り、1週間程度天日干しすれば陳皮ができあがります。

レシピはこちら

4.じゃがいもを皮ごと使ったレシピ

ハッセルバッグポテトは、じゃがいもに細かく切り込みを入れてバターやにんにくをはさみ、オーブンで焼くだけのレシピ。皮も丸ごと使えるので時短調理にもなりますね。

oceans-nadia.com

ハッセルバックポテトにヨーグルトとカリカリに焼いたベーコンをトッピングしてもおいしいですよ。シンプルなのにおしゃれにみえるパーティー向けレシピです。

レシピはこちら

5.りんごの皮を使ったレシピ

りんごの実と皮を使ったジャムはあっても、りんごの皮だけを使ったジャムは珍しいですね。紅玉などの皮2個分でできるお手軽レシピです。

www.lettuceclub.net

りんごを食べた後に鍋でさっと煮るだけのお手軽レシピは、5日間の冷蔵保存が可能です。ヨーグルトやパンのトッピングにどうぞ。

レシピはこちら

6.ブロッコリーの茎を使ったレシピ

ブロッコリーの茎はコリコリしておいしい部分。その食感を残した中華漬けは、お弁当のおかずや箸休めにぴったりのレシピです。

www.lettuceclub.net

大根の葉も一緒に漬け込むことで、より一層シャキシャキとした食感が楽しめます。捨てがちな食材を使ったアイデア料理です。

レシピはこちら

7.出汁をとった後の昆布レシピ

出汁をとった後の昆布は、梅干しを使って佃煮に。おにぎりの具材やお弁当に使いまわしましょう。

oceans-nadia.com

かつお節や白だし、梅干しなど、自宅にある調味料でさっと作れるのがポイント。少しの工夫で別料理に生まれ変わります。

レシピはこちら

8.ピーマンを丸ごと使ったレシピ

いつもは捨ててしまうピーマンの種とわた。丸ごとそのまま食べられるレシピもあります。じっくりとソテーすることで甘みが増し、食べやすくなります。

oceans-nadia.com

味の決め手はバターと醤油。和と洋が合わさり、良い香りが食卓に漂います。パクリと丸ごといただきましょう。

レシピはこちら

9.ゴーヤのわたと種を使ったレシピ

ゴーヤのわたと種には栄養がギュッと詰まっています。わたと種は包丁で細かくカットし、天ぷら粉にIN。フライパンで焼き上げればエスニックチヂミが完成します。

oceans-nadia.com

マヨバターソースやスイートチリソースなどで食べると、気分は一気にアジアンに。種は細かく刻むのがコツです。

レシピはこちら

10.スイカの皮を使ったレシピ

小玉スイカの皮部分を使ったアイデアレシピです。一番外側の固い皮はピーラーで取るのがポイント。この作業をすることで皮部分が食べやすくなります。

oceans-nadia.com

スイカの皮レシピは特に漬け込むこともなく、作ってすぐに食べられます。目からウロコの料理ですね。

レシピはこちら

11.お茶がらを使ったレシピ

煎じた後のお茶がらを使ったレシピです。ほろ苦い味で大人受けする料理。茶葉の種類により味が変わるのもおもしろいですね。箸休めやお弁当のおかずにどうぞ。

oceans-nadia.com

れんこんは秋冬が旬の食材です。酢漬けや煮物だけでなく、茶殻と合わせたレシピもぜひ食べてみてくださいね。

レシピはこちら

12.サンマを骨ごと食べるレシピ

魚の骨まで食べるには、圧力鍋で加圧するのが一番。醤油味になりがちな魚の煮付けは、トマトジュースを使って洋風に仕上げましょう。

oceans-nadia.com

パンにも合うさんまのトマト煮。作り置きとしてストックしておけば、忙しい朝でも手軽に魚が食べられます。

レシピはこちら

13.アジの骨を使ったレシピ

アジを三枚におろすと身が骨についていてもったいないなと感じますよね。いつもはアラ汁派の方でも、アジの骨せんべいを作ってみませんか?

oceans-nadia.com

片栗粉をまぶして揚げるだけの簡単レシピは、骨までバリバリ食べられます。ビールのお供にもどうぞ。

レシピはこちら

賢く使いまわして料理の達人に

いつもは捨てていた部分も、ちょっとの工夫でおいしく簡単に食べられます。ぜひみなさんも作ってみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ