無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美味しく見える和食の盛り付け方法をご紹介!美しく見える基本や法則とは?

レシピ

前菜に!ほうれん草とえのきのゆずぽん浸し

シンプルで美しい盛り付けです。和食はきれいに盛り付ける法則として食材をまんべんなく見せるのがポイント。

小鉢の選び方も和食では重要なことで、食材の色合いと合わせてチョイスしてくださいね。

またゆずの皮も使って香りを楽しんでください。見た目と香り、味が揃って初めて美味しいと感じられますよ♪

菜の花と新玉ねぎのからしツナマリネ

お肉や魚、野菜などが同時に入った小鉢の場合は、均等に見えるように盛り付けるのが和食の法則です。

メインにしたい物を少し目立つようにすると美しい仕上がりになるでしょう。こちらも山の形に盛り付けをして仕上げてくださいね。

優しい雰囲気を出したいときは色の薄い小鉢を使うと良いですよ。

詳しいレシピはこちら

和食の基本的な盛り付けポイント☆主食

豪華に見える法則!美しい太巻き

和食でよく作られる太巻きの盛り付け方としておすすめなのが、刺身のような流し盛りです。

少しだけ重ねて盛り付けるだけでも美しく見えますよ。シンプルですがこの方法がおすすめです。

また太巻きをカットするときはご飯粒がついてしまうので、1回ずつ濡れ布巾で包丁を拭いてから切るとうまくいきます。

これも美しく!マグロたたきと納豆丼

たとえ丼でも、和食では美しく盛り付けるのが基本です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ