無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ニッポンのおいしい、いただきます!]緑色なのに甘い⁉うえだみどり大根

レシピ

長野県上田市のおいしい食材

食欲&物欲旺盛なおうちごはん編集部とその仲間たちが、日本全国にある「おいしいモノ」を発見していく連載企画『ニッポンのおいしい、いただきます!』。まだまだ知られていない日本のおいしいモノを紹介していきます。

今回注目するのは、長野県上田市のおいしいモノ。

長野県の東部にある上田市は、農作物を育てるのに適している気候の地域です。この恵み豊かな土地で育ったおいしい食材をピックアップしてご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、鮮やかな緑色の小ぶりな大根『うえだみどり大根』です。

『うえだみどり大根』

鮮やかな緑色が特徴の信州上田の地大根『うえだみどり大根』。中国に由来する大根として伝えられ、昭和10年代に開拓団として中国に赴任していた方が現地で食べていた大根の種を持ち帰ったことが最初として伝えられています。

うえだみどり大根は二つと同じ形のものができない生産者泣かせの大根だったことから、長年自家用として栽培、消費されるにとどまっていて、これまで他の地域に広がることはなかったんだそう。しかし、そのおいしさは徐々に注目されはじめ、最近では地元を飛び出して知られるようになってきました。

イチゴとほぼ同じ糖度の甘さ

うえだみどり大根の最大の特徴は、切ったときに中身が鮮やかな緑色なことと、この緑色の部分がとっても甘いということ。

一般的には、緑色をしている大根は“辛い”イメージがありますよね。でも、うえだみどり大根は、なんとイチゴとほぼ同じ糖度で、甘くふっくらとしているんです。

一般的な大根の糖度が4度なのに対して、うえだみどり大根の糖度はなんと7度前後! 中央は甘く、皮に近い方が辛いので、この甘さと辛さが一緒に感じられるというところがまたおいしいんです。

農作物の栽培に適した恵まれた気候

この美味しさの秘密は、信州上田地域の気候にあります。

盆地を形成する信州上田は、小雨で日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きい地域です。この気候が、良質な農作物の栽培に非常に適しているんだそう。

さらに、うえだみどり大根を栽培する土壌には、千曲川水系の清流に溶け込んだミネラル豊富な土をキノコ菌とともに約100日間かけて中温発酵・熟成させた改良土を投入しています。この循環型農業を目指した環境に優しい日本初の取り組みにより、低農薬・低化学肥料栽培を実現させていることが、農作物の美味しさにつながっているんです。

ずくだして作った大根だに、めた食べておくんない

これは、うえだみどり大根の生産者さんたちからのメッセージ。

「精魂込めて作った大根だから、たくさん召し上がってください」という意味です。

現在は、28名の生産者さんが30万本の生産を目指して栽培しているうえだみどり大根は、今まさに旬の時期を迎えています。

一般的な品種の青首大根に比べて水分率が低いうえだみどり大根は、甘くふっくらとしていて、生で食べるとシャキシャキ・ポリポリと果物のような味わいを楽しむことができます。また、水気が少ないので、焼き料理や揚げ料理にしてもおいしいとのこと。さまざまな調理法でおいしくなる無限大の可能性を秘めているそうなので、早速おうちごはん編集部もいただいてみましょう!

編集部が食べてみた!うえだみどり大根を美味しく味わおう

うえだみどり大根をはじめて味わうおうちごはん編集部は、果物のように甘い大根と聞いてワクワクが止まりません(笑)。うえだみどり大根生産者組合の方々に教えていただいたさまざまなおいしいアレンジをしていただいてみました。

【1品目】大根の葉の塩漬け

うえだみどり大根は、葉っぱがとっても立派! 大根の大きさ自体は一般的な大根と比べると小ぶりなのですが、葉っぱが大きくて立派なことにとてもびっくりしました。

この立派な大根菜は、塩漬けに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ