無料の会員登録をすると
お気に入りができます

内面まで美しく♡"言葉美人”になるための10の口癖

言葉を意識することで内面が変わり、意識が変わって人はどんどん美しくなれます。そんな、内面美人さんになれる口癖があるんです。口癖を意識して、言葉美人を目指しましょう♡

2017年12月
ライフスタイル

美人さんには口癖がある

今すぐ見習いたい

言葉というのは内面が現れます。内面が美しいと言葉も美しくなり、意識も前向きになるので、美しい人になれるんです。言葉はそれだけ人となりを作るのに大切なものだということ。

Photo by Ilya Yakover / Unsplash

美人さんが口癖にしているのは美しい言葉ばかりなんです。そこで、今すぐ見習いたい、美人さんが口癖にしている言葉をご紹介します。

言われてうれしいあの言葉

①「ありがとう」

美人さんは感謝する気持ちを忘れないので、それが言葉としても表れています。感謝されると人はうれしいものですし、またその人のために何かしてあげたいなと思えますよね。

このように、感謝するたびに味方になってくれる人が増えていくのです。誰かに何かしてもらって「すみません」と言ってしまう人は、「ありがとう」と言い換えてみましょう。もっと良い印象になりますよ。

②「おかげさま」

「おかげさまで」と言う人は、自分に良いことがあったら誰かのおかげ、何かのおかげ、と考えています。いつでも周りに感謝をしている、謙虚な姿勢が現れているのですね。

Photo by Hunters Race / Unsplash

感謝するときにも「〇〇さんのおかげで助かりました」と言うと、より相手にも心に響きます。普段から周りに目を向けて、感謝の気持ちを忘れなければ「おかげさまで」という言葉が自然と出てくるはずです。

③「うれしい」「楽しい」

「うれしい」や「楽しい」など、プラスな感情を表現する人は、一緒にいて幸せな気持ちになれます。言葉はもちろん、本当にうれしそうで楽しそうな表情だと、より相手に気持ちが伝わるでしょう。

ポジティブな感情になったときには、それをぜひ口にして喜びを伝えてみましょう。おいしいものを食べて「おいしい~幸せ~」とか、仕事で頑張った結果が出て「本当にうれしい!」とか。

言葉にすることで自分の喜びを感じ、人生がうまくいってると自覚します。「うれしい」や「楽しい」は、ポジティブな気持ちを周りにも感じさせられる言葉なんです。

④「素敵だね」「すごいね」「さすが」

よく褒める人というのは、相手の悪いところよりも良いところが目に付くタイプです。だからこそ「その髪型素敵だね」「いつも結果を残せてすごいね」「さすが〇〇さんですね」と褒める口癖が身についています。

他人の短所ばかり見つけてしまう人はいませんか。どんな人にでも長所はあります。人の魅力を探そうと意識を変えてみると、嫌だと思っていた人でも素敵だと思えるかも。そうすれば褒め言葉が口癖になるはずです。

ほっとするような安心フレーズ

⑤「大丈夫」

不安でどうしようもないとき、誰かに「大丈夫」と言ってもらえると少し安心しますよね。そんな相手の不安な気持ちに気づき、「大丈夫」だよと寄り添えるのはとても優しい人です。

緊張感から解き放たれて、一歩前に進めるような、そんな素敵な言葉なのです。「大丈夫」を口癖にして、相手に安心感を与えられるような人になりませんか。

⑥「なんとかなる」

いろんなことが自分に降りかかってくると、「どうせできない」とネガティブになってはいませんか?そう思うと、本当に悪い方向に進んでしまうものです。

美人さんは大変な状況でも「なんとかなる」と言います。状況に落ち込むより、とりあえず行動してみるという前向きな姿勢が言葉として表れているのです。言葉にすると、本当になんとかなるよう物事は進んでいきます。

Photo by Kyle Johnson / Unsplash

「なんとかなる」は気持ちの切り替えになる言葉でもあります。どうしようもなく落ち込んでも、「なんとかなる」と自分を奮い立たせれば、きっと良い方向に進んでいけるはずです。

⑦「頑張ろう」

Photo by Xan Griffin / Unsplash

「頑張って」だと人任せに聞こえてしまいますが、「頑張ろう」だと“一緒に”という気持ちを感じさせます。応援でありながら仲間意識もある、素敵な言葉です。頑張り時に一言かけませんか?

ちょっとした言葉さえも意識して

⑧「そうですね」

相手を話を聞いて、相槌を打ち、自分も考えて言葉を返す。会話としては当たり前のことです。しかし、自分だけが一方的に話してしまったり、相手の話を聞き流してしまったり、きちんと会話できていないことも多いのでは?

美人さんは人の話をきちんと聞いています。相槌を打つその姿勢が重要。きちんと相槌を打って話を聞いてくれる人は貴重なので、信頼してもらえるようになりますよ。

自分自身にもポジティブに

⑨「私ならできる」

美人さんは自分自身に対してもポジティブな言葉を投げかけています。「私ならできる」というのは、挑戦を続ける姿勢がある言葉です。大人になると現状維持が基本となり、新しいことに挑戦する機会が減ります。

それでも、新しく変わらなければならないときは来ます。いつも「私ならできる」と挑戦し続けている女性は、新しい局面でもポジティブに乗り越えていけるのです。

⑩「頑張ってるなぁ」

仕事でなかなか評価されない、家事をしても当たり前と思われて感謝されない。誰からも認められないと、自己肯定感がどんどん下がってしまいます。それならば、自分で自分を認めてあげませんか?

美人さんは誰よりも自分を認めています。それを「私、今日も頑張ってるなぁ」と言葉にするのです。自分を認めると、気持ちが明るくなります。前向きに毎日を歩んでいけるのです。

自分を認めて、自分を大切にすれば、人生がもっと楽しくなるはずです。

言葉美人で本物の美人さんに♡

美人さんの口癖はみんなポジティブなものばかり。明るい気持ちがその人の魅力を存分に引き出して、「美しい」と思われる人になるのでしょうね。

美人さんの口癖を見習って言葉美人になりましょう。意識を変えれば、本当の美人さんになれるはずです。

記事に関するお問い合わせ