無料の会員登録をすると
お気に入りができます

内面まで美しく♡"言葉美人”になるための10の口癖

言葉を意識することで内面が変わり、意識が変わって人はどんどん美しくなれます。そんな、内面美人さんになれる口癖があるんです。口癖を意識して、言葉美人を目指しましょう♡

2017年12月
ライフスタイル

美人さんには口癖がある

今すぐ見習いたい

言葉というのは内面が現れます。内面が美しいと言葉も美しくなり、意識も前向きになるので、美しい人になれるんです。言葉はそれだけ人となりを作るのに大切なものだということ。

Photo by Ilya Yakover / Unsplash

美人さんが口癖にしているのは美しい言葉ばかりなんです。そこで、今すぐ見習いたい、美人さんが口癖にしている言葉をご紹介します。

言われてうれしいあの言葉

①「ありがとう」

美人さんは感謝する気持ちを忘れないので、それが言葉としても表れています。感謝されると人はうれしいものですし、またその人のために何かしてあげたいなと思えますよね。

このように、感謝するたびに味方になってくれる人が増えていくのです。誰かに何かしてもらって「すみません」と言ってしまう人は、「ありがとう」と言い換えてみましょう。もっと良い印象になりますよ。

②「おかげさま」

「おかげさまで」と言う人は、自分に良いことがあったら誰かのおかげ、何かのおかげ、と考えています。いつでも周りに感謝をしている、謙虚な姿勢が現れているのですね。

Photo by Hunters Race / Unsplash

感謝するときにも「〇〇さんのおかげで助かりました」と言うと、より相手にも心に響きます。普段から周りに目を向けて、感謝の気持ちを忘れなければ「おかげさまで」という言葉が自然と出てくるはずです。

③「うれしい」「楽しい」

「うれしい」や「楽しい」など、プラスな感情を表現する人は、一緒にいて幸せな気持ちになれます。言葉はもちろん、本当にうれしそうで楽しそうな表情だと、より相手に気持ちが伝わるでしょう。

ポジティブな感情になったときには、それをぜひ口にして喜びを伝えてみましょう。おいしいものを食べて「おいしい~幸せ~」とか、仕事で頑張った結果が出て「本当にうれしい!」とか。

言葉にすることで自分の喜びを感じ、人生がうまくいってると自覚します。「うれしい」や「楽しい」は、ポジティブな気持ちを周りにも感じさせられる言葉なんです。

記事に関するお問い合わせ