無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目指せすっきり部屋!無理せず取り入れるミニマリストのエッセンス

「少ないものですっきり暮らす」を心がけているミニマリストさんたち。好きなものに囲まれつつ、シンプルに生活するコツとは?取り入れられるものは真似してみましょう。ちょっとの工夫できれいな空間を手に入れてみて♡

2017年12月
インテリア

ミニマリストのシンプルさを取り入れよう

ミニマリストとは最小限のもので暮らす人々のことを指します。彼らは自己分析をし、自分の好みと行動を把握。厳選したアイテムのみを身の回りに置き、無駄のないシンプルな生活を送っています。

生活すべてでミニマリストを全うするのは難しいですが、インテリアにミニマリストの要素を取り入れるとお部屋がすっきり片付きます。実践できそうなことにチャレンジしてみましょう。

1.部屋カラーは2色固定+αで

インテリアにおしゃれ要素を加えたいなら、色のルールを設定しましょう。2カラーは固定し、1〜2色で変化をつけてみます。

この部屋の場合、メインはホワイトで差し色はペールブルー。アクセントに植物を用いています。アクセントは季節に応じて変えると部屋に変化が生まれますね。小物類もカラーを意識して選ぶとおしゃれに。

2.収納=7割以下に抑える

ミニマリストは自分が気に入ったアイテムに囲まれて生活しています。結果、収納部分が余るという現象が見られます。この部分はぜひとも見習いたいですね。

収納スペースは7割を上限にし、手持ちのものを減らしていきましょう。収納品を買い足すのではなく、ものを厳選する。ものが減れば片付ける手間も省け、きれいな空間を保ちやすくなります。

3.調理器具の取扱説明書は要チェック

日々使っているキッチンアイテムは機能を充分に使えていますか?たとえばキッチングリル。魚を焼くだけではなく、パンや肉、ピザ、野菜も調理できます。電子レンジも同様で、複数機能がついていますよ。

キッチンアイテムは今一度取扱説明書に目を通してみましょう。思わぬ発見があるかもしれません。複数使いできるかどうか振り返るのもミニマリストへの道です。

4.堅実な姿勢も見習いたい

ミニマリストは断捨離好きなイメージもありますが、意外と堅実派。気に入ったものは再利用や修理をし、壊れるまで使うなど、丁寧な暮らしを心がける人も多いのだそう。

ものが有り余る時代だからこそ、ものを大切にしたいですよね。空き瓶や空き箱も上手に使い、日々の暮らしを快適に暮らす術も見習いたい部分です。

記事に関するお問い合わせ