無料の会員登録をすると
お気に入りができます

怠けた自分&身体に喝!モチベーションを復活させる「美意識」10選

年末年始は、美味しいものを食べる機会が増え、外が寒いからと家に引きこもりがちでダラダラしてしまいがち。「キレイになりたい!」と思っていても、心も身体も怠けてしまい、なかなかモチベーションが保てないことも。今回は、常に思い出したい美意識をご紹介します。

2017年12月
ライフスタイル
Photo by Dan Gold / Unsplash

パンは「パン屋さん」で!

お腹が空いた時に立ち寄りたくなるのがコンビニですよね。パパっと手軽に食べられて、女性にも大人気なのがコンビニのパン。でも、より添加物の少ないベーカリーでパンを買うのがベターです。

Photo by Roman Kraft / Unsplash

⑥「お腹いっぱい」で寝ない

特に、今の時期はクリスマスや忘年会・年末年始が重なって、飲み会が続いたりしやすい時期です。帰ってきてそのまま寝てしまいたいのも分かりますが、注意したいのが「お腹いっぱい」で寝ないこと。

www.pexels.com

寝ている間に胃が消化活動をしなければならず、胃腸が休まりません。朝起きた時に疲れが取れていないと感じたり、胃がもたれているように感じることも。

www.pexels.com

夕食は出来れば就寝3〜4時間前に!

夜にご飯を食べる時は、出来るだけ寝る時間から3〜4時間前に食事を終わらせるのがベターです。胃の中に食べ物が入っている状況を防ぐことで、身体の疲れをしっかり摂れて、睡眠の質もアップするといわれています。

⑦「ダイエット中」を意識しすぎない

「今、ダイエットしてるから」や「痩せないと!」と口に出すと、自分が追い込まれてしまう気分になったり、何だか悲しくなりませんか?ネガティブな気分になると、モチベーションも下がってしまいやすくなります。

Photo by Thomas Kelley / Unsplash

特に、自分を追い込むために「デブ」と言ったり、太っていることを気にし過ぎて、ネガティブになったりするのはNG。「身体作りをしている」や「着たい服がある」など、言い方を変えて、ポジティブに。

Photo by Christopher Campbell / Unsplash

一日の中で、少しでも努力出来たことや、頑張った事に対してしっかりと自分を褒めてあげましょう。心がポジティブだと、精神的にも安定して、美意識や努力のモチベーションもキープ出来ます。

⑧「写真」を撮る

自分の家にある鏡は、全身が見える鏡ですか?自分では見えない部分や、今と昔を比べるきっかけにもなるので、自分磨きや身だしなみのチェックに欠かせないアイテムです。

記事に関するお問い合わせ