無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2018年運気をUP♡新年に買い揃えたい日用品チェックリスト

新年を気持ちよく迎えるため、日用品を新しくしてみませんか?年末〜新年に購入し、気持ちよく1年をスタートさせましょう。

2017年12月
ライフスタイル

新年に身の回りのものを新しくしよう

元旦は新たな気持ちになれる日。新年には日用品も新調してみませんか?「新年から使いだすと縁起が良い」と言われるアイテムをピックアップしてみました。

お買い物は2017年中〜2018年はじめに済ませ、気持ちの良いスタートを切りましょう。

1.お財布は事前に購入し、吉日から使う

2018年の天赦日は6日間

春財布=財布が貼ると言われるように、財布の使い始めは春がおすすめと言われています。1月は暦の上では春。その中でも天赦日と呼ばれる吉日に財布を使い始めると良いそうですよ。

2018年の天赦日は、2月1日・2月15日・4月16日・7月1日・9月13日・11月28日。この日までに財布を購入し、自宅で寝かせておきます。お正月に新しい財布を購入、2月の天赦日から使用開始するのがベストですね!

財布の買い替えは3年に1度を目安に

財布の買い替えは3年に1度が目安。3年経っていなくても、角が擦り切れていたり壊れていたら買い替えてみるのはいかがですか。お金はきれいな場所に集まるとも言われていますので、きれいな財布を持つのが大切です。

財布も他のアイテムと同じように定期的にお掃除してあげるとツヤがよみがえります。レザー製のお財布なら、ブラシでさっと汚れを落とした後、皮用のクリームで磨いてあげましょう。これだけで持ちが変わってきます。

2.歯ブラシは元旦から新調しよう

歯ブラシの寿命は1ヶ月

歯ブラシは1ヶ月毎に交換するのが基本と言われています。年に12回交換するのですから、「1日」を歯ブラシ新調日にしてしまいましょう。

元旦の歯ブラシは普段よりちょっと豪華なものにしてみるなど、プチ贅沢を楽しんでみても良いですね。

水だけで歯磨きOKのMISOKA

MISOKAは1本1本手作業で作られるメイドインジャパンの歯ブラシ。1本1,080円と歯ブラシにしては高価格ですが、一度使ってみると納得の磨き心地です。歯磨きタイムが楽しくなりますよ。

外国人観光客にも人気があるMISOKA歯ブラシ。日本人のものづくり技術がぎゅっと詰まったアイテムをぜひ使ってみてくださいね。

商品詳細はこちら

3.タオルも新年から新調

タオルは1年サイクルで交換しよう

毎日使用するタオル。7日に1回使用して洗濯した場合、1年で約52回使う計算になります。30回の洗濯を目安にタオルを入れ替えするホテルもあるそうですから、自宅では1年に1回のタオル交換を目安にしてみませんか?

吸水力が落ちたものやさわり心地がゴワゴワのもの、黒い点が浮き出てきたもの、生地がすけてきたものなど、生地の劣化が見られたタオルから交換するようにしましょう。

新品のタオルは洗ってから使う

新品のタオルはそのまま使いたくなりますが、使用前に洗濯を行うのを忘れずに!新品のタオルには糊がついていて吸水性が低くなっています。

タオルを干す時は端をもち、パンパンと数回振ります。この動作を行うと繊維が立ち上がってふわっとした質感を楽しめますよ。

4.新しい下着で気分を一新

新年前に購入して体型チェックも

下着も新年に新調する人が多いアイテムですね。購入は年内に済ませておくのがポイント。この時、ショップスタッフにサイズを採寸してもらいましょう。現状の体型チェックだけでなく、正月の冬太り抑制になりますよ♡

購入した下着類は新年までに洗濯しておきます。ブラジャーは手洗いか洗濯機のソフトモードで洗い、型くずれしないよう気をつけましょう。

ブラジャーは100回着用で買い替え

ブラジャー交換時期は、100回の着用を目安に考えてみましょう。3日に1回着用、洗濯を繰り返し、新年に新調するというサイクルが理想です。

サイズの合わないブラジャーは、肩こりや姿勢の崩れ、胸の形に影響を与えます。ブラジャーはタオル同様定期的に見直す必要のあるアイテム。新年に下着類を新調するのを恒例行事にしてみても◎。

5.おせち料理を新しいお箸で

塗り箸の寿命も1年が目安

日々使っているお箸も使用開始から1年を目安に交換しましょう。木製の塗り箸の場合、使うたびに箸先が傷んでいきます。交換するなら新年が気持ち良いですよ!

年越しそばは1年間使用したお箸で、おせち料理は新しいお箸で食事。一年の締めと一年のはじまりでお箸でかえると素敵ですね。

箸は使用後すぐ手洗いすると長持ちする

箸の寿命を伸ばすには2つの点を守りましょう。1つ目は、長時間水につけないこと。木製の箸は、使用後すぐに洗い、風通しの良い場所で乾燥させます。

2つ目は、食洗機には入れないこと。食洗機対応の箸も売っていますが、熱などであっという間にお箸がだめになってしまいます。面倒でも箸だけは手洗いすると長く使えますよ。

日用品で「新年」を迎えよう

新しい年のはじまりは気分もウキウキ。身の回りのちょっとした品を新しくするだけで、さらに幸せな気持ちになれます。ぜひ今年の年末〜年始に試してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ