無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今さら聞けない掃除の基本!「重曹」「クエン酸」が得意な汚れを大解説

お掃除

アイテムごとに落ちやすい汚れって?

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

「ナチュラルクリーニング」というワードが話題になっていますが、重曹、クエン酸など、種類がありますよね。それぞれに性質があって、得意な汚れ、そうでない汚れとありますが、その性質をご存知でしょうか?

なんとなくで使っていた方も、今一度アイテム別の性質を知ってから、年末の大掃除に活かしませんか?

みんな始めてる♡「#ナチュラルクリーニング」でエコにお掃除

人と地球に優しいお掃除方法「#ナチュラルクリーニング」についてご紹介します。使うのは重曹やクエン酸といった、食品用としても売られているアイテム。安心安全なことから今注目を集めているんです。あなたも取り入れてみませんか?
8325

汚れが落ちるってどういうこと?

汚れが落ちるとはいうけれど、どうして落ちるのでしょうか。汚れには大きく分けて、「酸性の油汚れ」「アルカリ性の水垢汚れ」「中性のホコリ汚れ」の3つがあります。

それぞれの汚れの持つ性質と反対の性質を持つ洗剤を使うことで、中和・分解し、汚れを浮き上がらせやすくします。汚れが浮き上がるから、汚れを落とせる、ということなんです。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

つまり、落としたい汚れの性質を見極めることが重要。早速、性質別に落とせるお掃除アイテムをご紹介します。

①クエン酸 性質:酸性

水垢・石鹸カス汚れが得意です

クエン酸は酸性の性質を持っていますので、アルカリ性の汚れに有効です。アルカリ性の汚れの代表格は、白く付着するカルキなどの水垢汚れが知られていますが、石鹸カス汚れ落としも得意です。

食洗機のお手入れにもぴったり

食洗器のお手入れには、クエン酸がピッタリです。クエン酸を大さじ3杯入れて、お手入れコースや、なければ出来る限り高温で、長く洗えるコースを選んで、あとはお任せすれば、庫内がスッキリします。

記事に関するお問い合わせ