無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今さら聞けない掃除の基本!「重曹」「クエン酸」が得意な汚れを大解説

「ナチュラルクリーニング」ができると人気の、重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム。その性質を知って、それぞれの得意な汚れに使えていますか?今更聞けない、お掃除の基本をご紹介します。

2017年12月
インテリア

アイテムごとに落ちやすい汚れって?

Media?size=l
instagram.com

「ナチュラルクリーニング」というワードが話題になっていますが、重曹、クエン酸など、種類がありますよね。それぞれに性質があって、得意な汚れ、そうでない汚れとありますが、その性質をご存知でしょうか?

なんとなくで使っていた方も、今一度アイテム別の性質を知ってから、年末の大掃除に活かしませんか?

みんな始めてる♡「#ナチュラルクリーニング」でエコにお掃除

人と地球に優しいお掃除方法「#ナチュラルクリーニング」についてご紹介します。使うのは重曹やクエン酸といった、食品用としても売られているアイテム。安心安全なことから今注目を集めているんです。あなたも取り入れてみませんか?
7523

汚れが落ちるってどういうこと?

汚れが落ちるとはいうけれど、どうして落ちるのでしょうか。汚れには大きく分けて、「酸性の油汚れ」「アルカリ性の水垢汚れ」「中性のホコリ汚れ」の3つがあります。

Media?size=l
instagram.com

それぞれの汚れの持つ性質と反対の性質を持つ洗剤を使うことで、中和・分解し、汚れを浮き上がらせやすくします。汚れが浮き上がるから、汚れを落とせる、ということなんです。

Media?size=l
instagram.com

つまり、落としたい汚れの性質を見極めることが重要。早速、性質別に落とせるお掃除アイテムをご紹介します。

①クエン酸 性質:酸性

水垢・石鹸カス汚れが得意です

Media?size=l
instagram.com

クエン酸は酸性の性質を持っていますので、アルカリ性の汚れに有効です。アルカリ性の汚れの代表格は、白く付着するカルキなどの水垢汚れが知られていますが、石鹸カス汚れ落としも得意です。

食洗機のお手入れにもぴったり

Media?size=l
instagram.com

食洗器のお手入れには、クエン酸がピッタリです。クエン酸を大さじ3杯入れて、お手入れコースや、なければ出来る限り高温で、長く洗えるコースを選んで、あとはお任せすれば、庫内がスッキリします。

気になる匂いも軽減します

トイレ掃除にも大活躍します。200mlの水に小さじ1杯のクエン酸を入れて溶かした、クエン酸水を用意します。そのクエン酸水を含ませたトイレットペーパーでパックをすれば、スッキリピカピカになります。

Media?size=l
instagram.com

気になるアンモニア臭もアルカリ性なので、ピカピカになると同時に、匂いの解消もできます。

②重曹 性質:アルカリ性

ベタベタ汚れが得意です

Media?size=l
instagram.com

アルカリ性の重曹は、酸性の汚れである、油汚れや焦げつきに力を発揮します。重曹は研磨作用もあるので、油とほこりが混ざったベタベタ汚れに直接重曹を振りかけてこすれば、頑固な汚れが剥がれていきます。

研磨作用があり、焦げ落としが得意です

Media?size=l
instagram.com

お鍋や五徳などの焦げつきには、200mlのお水に小さじ2杯の重曹の割合で重曹水を作ります。鍋に重曹水を沸騰させ、1晩浸けておくと、焦げが剥がれてきます。さらに頑固な焦げの場合は、重曹をふりかけて、たわしなどでこすると落ちやすくなります。

魚焼きグリルでも活躍します

Media?size=l
instagram.com

魚焼きグリルに重曹を入れておくと、匂いの軽減につながるだけでなく、残った重曹でそのまま洗えて、一石二鳥。熱くなった重曹は汚れ落ちがアップするだけでなく、皮脂も落としやすいので、手袋を使ってください。

③セスキ炭酸ソーダ 性質:アルカリ性

油汚れが得意です

Media?size=l
instagram.com

セスキ炭酸ソーダも重曹と同じく、性質はアルカリ性です。重曹とセスキ炭酸ソーダ共にアルカリ性ですが、セスキ炭酸ソーダの方がアルカリ性は強いので、酸性の油汚れなどに対してよく働きます。

セスキと重曹、何が違う?

Media?size=l
instagram.com

水への溶けやすさはセスキ炭酸ソーダの方が良く、お洗濯に使うならセスキ炭酸ソーダがオススメです。キッチン周りのお掃除にはどちらも使えますが、セスキ炭酸ソーダはぬめりによく働きかけます。

Media?size=l
instagram.com

重曹の方がお湯に溶かした際に出る、炭酸ソーダに変化する際の泡の量が多いため、焦げを浮かせる効果が期待できます。

④過炭酸ナトリウム 性質:アルカリ性

安全に漂白ができます

Media?size=l
instagram.com

取り扱いには注意が必要な塩素系漂白剤とは違い、酸素系漂白剤である過炭酸ナトリウムは、炭酸ソーダなどの自然にも優しい成分に分解されるので、安心して使えます。

50度で効果を最大に発揮します

Media?size=l
instagram.com

過炭酸ナトリウムは水によく溶けますが、50度のお湯に溶かして使用すると、力を最大に発揮します。石鹸カス汚れにも有効なので、お風呂の残り湯に椅子や洗面器などを一晩浸け置くと、楽に汚れが落ちます。

Media?size=l
instagram.com

また、皮脂汚れがついて黄ばんでしまった洋服も50度のお湯で皮脂を緩ませ、過炭酸ナトリウムで汚れを浮かび上がらせることでスッキリします。殺菌作用もあるので、イヤな匂いも消してくれます。

洗剤代わりに使えば洗濯槽もスッキリ

Media?size=l
instagram.com

洗濯槽クリーナーにも酸素系漂白剤がありますが、しっかりと一度槽洗浄することをオススメします。その後は、日常のお洗濯の際に過炭酸ナトリウムを使っておくと、洗濯物の汚れが落ちると同時に、槽洗浄もできます。

組み合わせてパワーアップ!

Media?size=l
instagram.com

重曹などの洗剤の力は、他のものと組み合わせると、さらなるパワーを発揮することがあります。単体では落とせなかった汚れも、スッキリ落とします。

①重曹×液体石鹸×酢=クレンザー

頑固なパッキンのカビも落とす重曹クレンザーを作ります。材料は重曹1カップ、液体石鹸50ml、酢大さじ1杯です。重曹に少しずつ液体石鹸を入れながらよく混ぜ、最後に酢を混ぜれば完成です。

あとは、パッキンに塗って1日そのまま放置した後、古歯ブラシでこすり落とせば、おしまいです。そのとき、強くこすってしまうと、パッキンが剥がれてきてしまうので、「優しく」こすることが重要です。こすり落としたクレンザーで、お風呂掃除もできます。

②クエン酸×重曹×お湯=ぬめり取り

Media?size=l
instagram.com

お風呂やキッチンの排水溝には、重曹を振りかけたあと、クエン酸をかけると、泡が出てぬめりが取れます。排水溝を先に80度前後のお湯で温めておくと、効果がアップします。

Media?size=l
instagram.com

また、50度前後のお湯にクエン酸と重曹を混ぜてシャワーヘッドを浸けて置いておくと、カビや汚れが落とせます。ちなみに、クエン酸は酢で代用可能なので、クエン酸がお家にない場合は酢で代用してください。

過炭酸ナトリウム×粉末洗剤=色移り落とし

Photo by Priscilla Du Preez / Unsplash

お気に入りの洋服に他の洋服の色が移っちゃった!という経験はありませんか。そんな時には、過炭酸ナトリウムと弱アルカリ性の粉末洗剤を50度のお湯に多めに入れて、浸け置きしてしばらく置くと、落ちます。

性質を知って活用しよう

Media?size=l
instagram.com

今では100均で簡単に手に入る粉洗剤。せっかく使うなら、効果を最大限に引き出せる汚れ、環境で使ってみてください。今まで落ちなかった汚れともサヨナラできるかもしれません。

Media?size=l
instagram.com

洗濯機を掃除したことありますか?効率よく汚れを落とす方法

クリーナーを入れてボタンを押すだけじゃなかった!?洗濯槽クリーナーの性質と、効率よく汚れを落とすための運転方法を知って、今までにないスッキリ綺麗な洗濯をしちゃいましょう。目指せ、洗濯槽美人♡
4973
記事に関するお問い合わせ