無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おでん上手は褒められる♡基本レシピとご当地&変わりだね10選

冬の代表的な食べ物であるおでんは、地域によって味付けが異なります。基本の味をおさえつつ、日本全国のおでんレシピを自宅で作ってみましょう。10のレシピをご紹介します。

2017年12月
レシピ

おでん上手は褒められる♡

おでんを美味しく作るコツは、手間をかけすぎないことと煮込みすぎないこと!煮込むのに最適な時間は45分。火の通りにくいものから鍋に入れ、柔らかいものは最後に入れます。

たかがおでん。されどおでん。基本のレシピと共に、ご当地のおでんレシピをご紹介します。

1.基本のおでんレシピ

大根の煮込みにじっくり時間をかけて

基本のおでんレシピはなんといっても大根が命。隠し包丁や面取をし、米を少量鍋に入れて煮込むのがコツです。大根は下処理をするとぐっと味が染み込みやすくなりますよ。

oceans-nadia.com

練り物類はザルの上から熱湯をかけて油抜きしましょう。カロリーも抑えられ、味が染み込みやすくなります。まずは基本のレシピでおでんのいろはを学びましょう♡

レシピはこちら

2.黒はんぺんと魚粉入り静岡おでん

静岡おでんは黒はんぺんと魚粉、青のりを加えた醤油ベース。魚の香りが強く、こくのある味に仕上がっています。

erecipe.woman.excite.co.jp

醤油は濃口醤油を使うと色がはっきり出せます。魚好きな方におすすめです。

レシピはこちら

3.赤味噌ベースの名古屋おでん

八丁味噌と呼ばれる赤味噌を使ったおでんは名古屋を代表するB級グルメ。豚バラ肉を具として投入するので、肉好きな方にも人気あり。八丁味噌のポリフェノール効果でお肌もツヤツヤになりそうです。

erecipe.woman.excite.co.jp

出汁は昆布ベース。豚バラと大根は事前にじっくり煮込むと味が染み込みやすくなります。

レシピはこちら

4.生姜パワーでぽっかぽか青森おでん

生姜と味噌を味のベースとした青森おでんは、ホタテやつぶ貝、じゃがいも、うずらの卵など、他地域とは異なった食材のオンパレード。出汁も煮干しベースと変わっています。

erecipe.woman.excite.co.jp

海の幸がふんだんに感じられる青森おでんは、徐々に名前が知られてきている料理。ぜひご家庭で作ってみてくださいね。

レシピはこちら

5.ピリッと辛い韓国風おでん

コチュジャンベースの赤いおでんは、ピリッと辛くて刺激的。ぶた肉を使い、ボリューミーに仕上がっています。寒い日の夜に食べたくなる大人の味ですね。

oceans-nadia.com

ブタ肉のアクが浮いてくるので、丁寧に取り除くのが美味しさのポイント。コチュジャンの量で辛さを調節してみてください。

レシピはこちら

6.炊飯器でスイッチポンのおでん

おでんが食べたいけれど火の番をする時間がない時は、炊飯器を使って時短クッキング!大根のみレンジで下茹でし、その他はカットして釜に入れるだけのレシピです。

oceans-nadia.com

ゆで卵や練り物は最後の10分で投入。炊飯器がお仕事している時に他の家事や料理ができる便利レシピです。

レシピはこちら

7.コンソメ出汁で洋風おでん

出汁は昆布とコンソメベース、具材にはウインナーやかぶ、ベーコン、いんげんなどを使った洋風おでんもおいしそう♡ストウブを使い、じっくりコトコト煮込んでいきます。

cookpad.com

野菜がたっぷり食べられる洋風おでんは、女子会にもぴったりのメニュー。鍋ごとテーブルに出し、みんなでつつきましょう。

レシピはこちら

8.10分で完成の時短おでん

わずか10分でできあがるおでんは、電子レンジを使うのがポイント。薄切りにした大根をレンジで6分加熱します。この手間だけであっという間におでんが完成しますよ。

www.lettuceclub.net

大根をレンチンしている間は他の具材の準備。最後の仕上げで大根を1分煮込めば完成です!

レシピはこちら

9.すべて電子レンジで作るおでん

材料をカットしたら火を通すのはすべてレンジ。鍋がなくても火を使わなくても、レンジがあれば作れるのがうれしいレシピです。

oceans-nadia.com

調理時間は20分、最後の煮込みは500W のレンジで15分加熱します。大根は先にレンチンし、柔らかくしておきます。

レシピはこちら

10.鶏ガラだしで作る白湯おでん

鶏ガラと昆布だしをベースにすっきりした味に仕上げたのは、白湯おでんレシピ。竹串にたこやミニトマトなどを刺せば、見た目も華やかなメイン料理になりますね。

oceans-nadia.com

じゃがいもの煮崩れを防ぐには、メークインなどのしっかりした品種を選んでみても良いですね。

レシピはこちら

おいしいおでんをマスターしよう

ほっと心がなごむおでんは、定番の冬レシピ。調味料や具材に変化をつけると、いつもの味とは違った感じになります。

醤油や塩だけでなく、味噌や唐辛子を入れた一味違うおでんもぜひ作ってみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ