無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今日の疲れは今日のうちに!たった5分で疲れをとる9つの方法

年齢を重ねると疲れが次の日まで残ってしまい、しばらく体がだるいなんてことはないでしょうか。その日の疲れはその日のうちに回復したいところ。そこで、たった5分で疲れを取れる方法をご紹介します。

2017年12月
美容

今日も一日お疲れ様です

5分で疲れを回復しませんか?

忙しいシーズンになり、疲れがどっぷり体にたまっている方もいるのでは?年齢を重ねると疲れがなかなか抜けず、次の日もまた疲労が重なって…と、なかなか疲れが取れないなんていう人も多いのではないでしょうか。

その日の疲れはその日のうちにリセットしたいもの。実は1日たった5分だけでも、疲労を回復することができるのだとか。そこで、たった5分で疲れをとる方法をご紹介します。

1.朝日を浴びる

安眠につながる

体の疲れを取るために1日で最も大切なのは睡眠です。そのために起床後すぐに朝日を浴びることが大切なのだとか。朝日を体に浴びると、セロトニンというホルモンが生成されて、それが睡眠を促すメラトニンに変わります。

朝に日光を浴びることで、夜に熟睡できるというわけですね。朝日は体内時計をリセットして、1日元気に過ごすことにもつながるので、ぜひ起床後の習慣にしてはいかがでしょうか?

2.耳をひっぱる

体がゆるんで安心感が生まれる

ストレスがたまると顔のパーツが緊張して、頭の中心にある蝶形骨が歪むそうです。蝶形骨には神経や血管がたくさん通っているので、骨が歪むと疲れがたまってしまいます。そこでおすすめなのが「耳ひっぱり」。

耳をひっぱると、頭蓋骨と蝶形骨の間に隙間ができます。蝶形骨が緩むことで、神経や血管の通りも良くなって、頭もストレスから解放されるそうです。

Photo by Kinga Cichewicz / Unsplash

体の芯である横隔膜もゆるんで、体全体がリラックス状態になり、安心感が生まれるのだとか。体の緊張がほぐれると心も穏やかになるので、心身に疲労回復にいかがですか?

「耳ひっぱり」のやり方

Photo by Pete Bellis / Unsplash
記事に関するお問い合わせ