無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗うだけじゃない!固形石鹸の意外だけどすごい使い方12選

固形石鹸を洗うだけに使っていませんか? 実はほかにもすごい使い道があるんです。手や体を洗うだけじゃない意外な活用術をご紹介します。

2018年1月
ライフスタイル

固形石鹸ってただ洗うだけのアイテム?

いいえ、たくさんの使い道があるんです

MARCHEVONのクリアソープを頂きました。製造から包装まで手作りのハンドメイドソープなんだそう。

保湿成分に優れたアルガンオイルと天然洗浄成分のガスールクレイが配合されていて、乾燥が気になる季節にもぴったり。

見た目の可愛さに加えて、香りの良さも抜群。100gとサイズもしっかりあるので、カットして使おうと思っています。

#ペリカン石鹸ファンサイト参加中 #美容 #マルシェボン #プチギフト #ハンドメイド #アルガンオイル #ガッスールクレイ #ペリカン石鹸 #イオン #540円 #MARCHEVON #monipla
instagram.com

手や体を洗うのに使う固形石鹸ですが、実はそれ以外にもいろいろな使い方ができることをご存じでしょうか? そこで、生活が楽しくなるような固形石鹸の意外な活用法をご紹介します。

“洗う”に活用

①衣類の汚れた場所をピンポイントに洗う

洗濯で何度洗ってもなかなか落ちない汚れってありますよね。そんな部分汚れを落とすのに固形石鹸が役立ちます。というのも、石鹸のアルカリ成分というのは、皮脂汚れや泥汚れに強いからです。

まずは衣類を濡らして、汚れ部分を洗濯板などに広げます。そして、汚れている場所に固形石鹸をこすりつけて、もみ洗いしたりつまみ洗いしたりしましょう。

汚れが落ちたら、すすいで石鹸を洗い流します。あとは通常の洗濯をするだけです。ピンポイントに汚れを落としたいときは、固形石鹸で手洗いしてみましょう。

②靴の汚れを洗う

靴を洗うのにも固形石鹸が使えるんです。まずは靴をしっかりと濡らします。ブラシに固形石鹸をつけて、ごしごしと靴の汚れを落としましょう。しっかりすすぎ、日陰で干せば靴洗い完了です。

③食器を洗う

石鹸は油汚れにも強いので、食器洗いにも活用できます。スポンジに固形石鹸をこすりつけて、しっかりと泡立てるのがポイントです。あとは同じように洗うだけ。

洗剤に比べて肌にも優しいので、手が荒れにくいのもうれしいメリットと言えます。

④換気扇やコンロの油汚れを洗う

換気扇やコンロなど、頑固な油汚れを落としたいときにも固形石鹸の出番です。おすすめは浸け置き洗いです。

記事に関するお問い合わせ