無料の会員登録をすると
お気に入りができます

副業や転職よりも絶対かんたん!月に2万円増やす投資術〈実践編〉

銀行に預けっぱなしにしているくらいなら、投資でお金を増やすことも視野に入れてみませんか。株式投資で「5年で資産を10倍にした」という藤川里絵さんが、投資をやってみたいけれど、どうしようと迷っているあなたの背中を押してくれます!

撮影/田川智彦(藤川里絵さん) 構成・文/ロカリ編集部

2017年12月
ライフスタイル

株なら労働よりも簡単に月2万増やせる!

 前編では、「株ってギャンブルじゃないの?」といぶかしんでいる人の思い込みを払拭するべく、株の魅力を語ってくれた藤川里絵さん。女性ならではの視点で株を選べば、儲けるチャンスはあるということがわかりました。後編では失敗談や実際のトレード(株式の取引)方法、証券会社の選びかた、必要な資金など実践方法をうかがいました。

「株についてもっと知りたい!」と大反響!前編の記事はこちら

副業や転職よりも絶対かんたん!月に2万円増やす投資術〈準備編〉

貯金だけでお金の不安がなくなればよいけれど、収入を増やすのは難しく、なかなかそうもいきませんよね。だから、貯金から投資に一歩進めたい。難しそうだと思われがちな株式投資について、「株が趣味♡」という藤川里絵さんにその魅力をうかがいました。 撮影/田川智彦 構成・文/ロカリ編集部
6357

勉強しないで買うと株もギャンブルになる

——最初に買った株は覚えてますか?

 実は、株の勉強を始める前に一度株を買ってるんです。リーマンショックの前で、株価も不動産も少し上がっていて、ミニバブルのような時期でした。何も勉強せずに、女性誌の2ページくらいの特集に「自分が普段利用している会社の株を買えばいい」って書いてあったのを見て、新生銀行の株を買いました。買ったときは800円くらいだったのが、80円くらいまで下がってしまい…。それで「もう株は絶対やだ!」と思ったんですよ。10分の1まで下がるなんて「ないわ〜」って。当時は予算があまりなかったので、単元株の100株で買わずにミニ株と言われる方法で10株しか買っておらず8万円の投資ですが、それが8000円になる衝撃って大きいですよね?そこで「やっぱり株は怖いな」っていったんやめたんです。

※リーマンショック:2008年9月15日にアメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破綻したことで日本を含め世界的に株価が大暴落した。

 勉強した今ならわかるんですけど、金融株って難しいんですね。今だったら絶対買わないです。つまり、単なる知識不足だったんですよね。今、万が一買ったとしても、8000円まで放置せず、75000円くらいで売ってます。でも、損切りをできる技術も持ってなかった。単なる知識不足・技術不足による失敗。損しても早めに売ればいいだけなんですよね。“損切りできればそんなに怖くない”というのは勉強してわかったことです。

利回りが良い株なら定期預金の代わりになることも

——私も最初に買った株は銀行の株です…。100株2万円程度で買えたし、潰れなそうだから安心かなぁ…と思って。ほぼ上がらず(汗)少し下がったまま今も持ち続けてますけども。

 銀行株って利回りがわりといいんですよ。だいたい2%以上あります。先日、授業の準備で調べていたら、あおぞら銀行の利回りは4%くらいでした。銀行に預けても金利はだいたい0.01%だから、銀行株をずっと持って配当をもらっていたほうがお金が増える可能性もあるわけです。意外とそういうことも知られていませんよね。普通に貯金するよりも、株を買ったほうがお金が増えることもある。売ったり買ったりするのが怖いならある程度安定していて潰れはしないもの、配当利回りがいいものを貯金代わりに持ってみるのも入り口としてはいいと思いますよ。

※みずほファイナンシャルグループの場合、株価200円のときに100株購入すると2万円。配当利回り3.6%とすると年に1回720円の配当金が出る。配当は企業により年に1〜2回もらえる。(株価の上下によりマイナスになることはもちろんあります。株を購入する際は、自分で調べて自分で責任を負いましょう。)

投資信託と株、どちらがおすすめ?

ーーなるほど。配当利回りで選ぶというのもアリなんですね。ところで、投資商品っていろいろありますが、まったくの初心者でも株をおすすめしますか?

 まったく知らなくても勉強すれば大丈夫だですが、勉強しないで儲けたい人にはおすすめしません。知識ゼロで適当にやっても勝ち続けることはできない。そういう人には投資信託の積み立て、いわゆる「ほったらかし投資」が向いています。好奇心がある人には株がおすすめ! すごく楽しいから(笑)。四則計算(足し算・引き算・掛け算・割り算)ができれば誰でもできます。

ーー藤川さんは積み立て投資もされているとおっしゃっていましたが……。(※前編参照)

 10年以上前から外国株の投資信託を積み立てています。10年以上やっているので今は2倍くらいになっていますが、リーマンショックのときは投資信託はすべて赤字でした。下がっているときも金額を変えずに続けるのが積み立て投資のポイントで。下がる局面がないとその後の回復で大きく上がらないんです。何にもやりたくないズボラな人にはおすすめの投資法です。また、海外の株は自分で調べきれないからプロにおまかせするという意識です。日本株は自分で考えて買ったほうが楽しいので自分でやる。意外と株仲間がいるのも重要だったりします。下がっているときも話せる人がいると気がまぎれるし、売る・売らないも人と相談すると決めやすいです。
 株に興味があるというのはなかなか口にしづらいけれど、今後そうでもなくなっていくと思うんですよ。株について話せる、環境を作れるのが重要。話すネタの一つになります。女子会とかも、「あの店、株が良さそうだから行ってみる?」とか。「てけてけ」という最近増えている焼き鳥屋さんがあるんですけど、普段なら行かないけれど、上場したばかりなので「どんな店かな?」と気になって先日行ってみました。食事の割引券が株主優待である企業も多いから楽しみやすいです。

株主優待から探すのもアリ

ーー株主優待から株に入るのはアリですか?

 株に勝ち負けはないので、優待をメインにやるのも全然アリだと思います。自分のスタイルができたら勝ち。ルールはなくて、自分でスタイルを決めて長く続けられたらそれでいいと思うんです。優待って届いたら嬉しい気分になる。その日1日嬉しい気分になればそれだけで儲けたというか、それでいいんじゃないでしょうか。日常の生活でウキウキする、そういう人が周りに増えるといいですよね。消費にもつながって経済が回る。間接的に周りも豊かになるのでは。

ーーちなみに「いいな」と思った優待ってありますか。

 この前の決算ですごく下がったので損切りしたんですが、優待を目的に持っていたのは「ひらまつ」というフレンチレストランの株。500株以上の株主は、関連レストランなどの利用料が20%オフになります。株主だけが集まる株主フェアも豪華で、飲み物が飲み放題!フレンチレストランって飲み物が高いので、正規の値段ではなかなか行かないし、飲み放題はありがたかったです。年に1、2回ちゃんとしたレストランに行って食事する機会を作れるのがよかったです。また、ごま油の「かどや」や「エスビー食品」は食品がたくさん来て便利でした。優待目的で化粧品会社の株を持っている女性は多いですよ。

ーー先ほど企業を調べるのに『四季報』を使うとおっしゃっていましたが、ツールは『四季報』しかないんですか。

 上場している全会社の情報がまとめて見られるツールが『四季報』しかないんですよ。年4回発行していて80年の歴史があり、『四季報』の記者が予想値を出しているのですが、それらの情報を見て利益を出している人が多いんです。なので一番効率が良いと思います。街角で何か気になったら、その会社が上場しているかどうかを調べて『四季報』を見る。
 私は『四季報』を定期購読しているのですが、届いたら一通り全部見て「投資対象にしようかな」というものに付箋をつけます。この作業に最初は1ヶ月くらいかかっていましたが、慣れてくると早く読めるようになり、今は5時間ぐらいで見終わります。付箋をつけた中で良さそうなものは会社のサイトを確認して、購入するか検討します。

『四季報』は変化を見ることが重要だから、毎号必ずチェックすることに意味があります。意識していなくても、この会社は前回はこんな数字ではなかったな、急に成績が良くなっていると、「あれ何かあったのかな?」と気づくものです。それでサイトを見ると新商品が売れていたり。いろいろな発見があって楽しいんです。本当は全社(約3500社)読むのがおすすめですが、まずは自分の身近なサービスだけ読んでみてください。『四季報』では上場している会社は4桁のコードが付いているんですが、2000番台の食料品なら見慣れたサービスが多く良いかもしれません。 2000番台だけ毎号必ず読むだけでも、上がる銘柄を見つけられるハズです。ダメなのは今回は2000番台を見て、次は3000番台を見るなど、ぶれること。
 知っている会社や銘柄などを見てみると、知っているようで知らないことに気付きます。株をやっている人は会社の規模を表す時価総額などを見ますが、有名な会社でも時価総額が小さいこともあります。クリーニングの白洋舎は有名ですが、時価総額180億円程度です。時価総額500億円以下は小型株で株の世界だと小さい企業になります。ちなみにトヨタは20兆円。株をやっていないと規模の差なんて感じませんよね。でも、数字の差で規模の差が歴然とわかる。いろいろな会社を見るから、経済のバランス感が身についてきますよ。

ーー時価総額の大きい・小さいを気にするのはなぜですか?

 投資には個人投資家のほかに、機関投資家と言われる投資信託や保険の運用を行うプロの投資家がいます。プロの投資家は、投資額が大きいので株価への影響が大きく、たとえば時価総額500億円以下の株は手を出してはいけないといったルールがあります。だから、個人はプロが手の出せない優良な株を購入できるんです。小型株の中にも身近な企業ってたくさんあるんですよ。特に飲食はなじみのあるお店を経営していても時価総額が小さいことはよくあります。逆に、時価総額が大きいと個人とは情報量が違うプロの投資家が参入しています。つまり、大型株を買うとプロの投資家と戦うことになり、不利になります。

ーーなるほど。ところで、アプリやネットで『四季報』の代わりはできるのでしょうか。

『四季報』にもオンラインサービスがありますが、ネットだと目当ての企業しか見ませんよね。でも雑誌の『四季報』を見ると、「何か新しい株を買おうかな?」という新しい出会いがあります。ニッチな会社などは株をやっていないと知ることができませんが、実はそういう会社でも世界シェアが高かったりする。日本の技術が他国に負けてきているというニュースをよく聞きますが、『四季報』を見ると日本企業が頑張っているということがわかり可能性を感じます。
 

ーー著書に株のノートをつけていると書いてありましたが、どんなことを書いているのでしょう。

 ノートは「四季報ノート」と日々の売買記録などをまとめているノートの2冊あります。「四季報ノート」には『四季報』に限らず、気になる会社の決算や情報を書き込んでいます。本当に見せるほどのものではないんですけど…。簡単にメモをとっている感じですよ。

(売買の記録を見ながら)負ける金額はそこまで高くないですね。勝つ金額は高いので、たとえば4勝6敗でも損はしていません。損は早めに切って利益を伸ばせば、トータルの金額は伸びています。なかなか損切りできない人が多いので、9勝1敗でもトータルすると負けているケースも多いんです。1回の負けで今までの利益をすべて飛ばすということもあります。負けるのはいいけれど、金額は小さく抑えてトータルで勝つように心がけています。感情に負けないようにしましょう!

ーー何日にいくらで買って、何日にいくらで売ったかを書かれているんですね。赤ペンが利益で、青ペンが損益(損切り)…。(赤ペンの下には、「急騰後、早めに逃げる」や「長いヒゲが出たので利確(利益確定)」などのメモがある。)シンプルだけど一目でわかりやすいですね。何日単位で売買されているんですか?

 銘柄によるので決まっていません。短いと3日で売るし、長いと1ヶ月くらい持っていることもあります。(ノートを見ながら)これは利益を伸ばしていますね。10月19日で4200円で、11月17日で4950円。ここで売ってもいいけどまだ伸びるかもと思ってホールドして、結局5540円で売っているので20%ほど伸びています。(※100株購入しているとすると42万円が55万4000円。13万4000円の儲けということ。)

日々の売買を赤裸々に記した平日配信のメルマガ『藤川里絵の勝ったり負けたり”赤裸々”株ノート』

ーー常時何社くらい追ってるのでしょう。

 追っているのは100社以上ありますが、保有しているのは10〜15社くらいですね。ほんとはもう少し保有銘柄数は減らしたいと思っています。いいものはたくさんありますが、買いすぎるとリスクもリターンも分散してしまうのでなるべく増やしすぎないようにしています。中身は常に変わりますよ。結果的に長く持っているものもありますが、保有株数は増えたり減ったりします。たとえば200株持っている株が下がってきたときは、100株だけ売って様子を見ます。ぜんぶ売ってしまってその後上がるとくやしいですが、半分残っているので上がるとうれしいです。逆に下がってしまったときは、半分売っておいてよかったとなります。いろんなケースを考えながら、感情をコントロールしやすいように売買するのが大切ですよね。

すぐ始められる!証券会社の選びかた

ーー初心者はまず証券会社選びから迷うと思うのですが、おすすめの証券会社はありますか。

 証券会社は手数料で選べば良いと思います。窓口があるところは人件費がかかるので高く、ネットのほうが断然安い。証券会社の口座を開くのは無料なので、とりあえず口座を作っておくのも鍵です。投資をやるかどうかはそこからでも大丈夫。書いてある通りに操作すれば最短で翌日からできますよ。銀行口座を開くよりも簡単かも? 口座を開くといろいろな情報を得られるし、株を売買しなくてもチャートなどをスマホで見られます。今自分が口座を開くならSBI証券です。口座開設数が一番多くて、手数料が安い。ほぼ潰れる心配もなく、ネットの障害が起きにくいのでおすすめしています。私は積み立て投資をマネックス証券でやっていたので、そのままマネックスを使っています。手数料を考えたらSBIに移行したいけれど、スイッチングコストが面倒で…。
 また、私は証券会社にお金を預けています。証券会社に預けておけば、基本的には顧客のお金は全額守られます。1000万円以上持っている人は一つの銀行に預けるくらいなら証券会社に預けるだけでも安全です。

株を始める資金として30万円準備したい!

ーー株を始める元手がない場合はどうしたら良いでしょう。

 本当にゼロの人はまず貯金! 毎月1万円でも2万円でもいいから貯金を始めよう。銀行の窓口に言えば自動的に積み立てしてくれます。自営業なら自分で金額を決めるしかない。自分の半年くらいの収入を見て、何%かを自動的に口座に移動するようにしておくべき。自分でやろうと思うと面倒くさくてやりませんから。気づいたら勝手に貯まっているという感じのほうが続きます。お金はあると使ってしまうので。
 5万円以下で買える銘柄は800種類くらいあるので、30万円くらいの元手があればある程度株でも分散投資(何種類かの株を買うこと)できます。有名な会社でも安く買えるところはたくさんありますよ。

ーー30万円貯まる前に株を始めるのは危険でしょうか?

 私は株をやめてしまうのがもったいないと思っていて。たとえば、元手が10万円でも8万円の株を買って7万円になったときに再トライできるかどうかなんです。やっぱり最初から勝てるかというと、それは難しい。一度減っちゃうとそのあと続けづらいですよね。最初に3銘柄くらいを分散して買ってトータルで利益が出ればいいけれど、1つだと増えるか減るかどちらかになってしまう。分散するための30万円です。
 お金を貯めている間は株の勉強をする時間にしましょう! 一年なら一年間を勉強期間にすれば、いざスタートしたときも全然違います。スタートから割と失敗しないのではないでしょうか。元手として30万円以上持っている人はとりあえず株を買って始めてみましょう♡

ーー今、日経平均が高くて、もう上がらないのではないかと逆に手が出しにくい気がするのですが…。

 確かに株価が下がっている時に始めると、景気が回復した時に儲かりやすいということはあります。でも、日経平均は上位の優れた会社、大型株の数字なので、小型株の動きはまったく違っています。逆に日経平均が落ちて経済がダメなときに伸びる会社もあります。節約株と言われる100均や居酒屋の株はすごく上がる。そういう株を見つけられれば、景気がいい時も悪い時もいつでもチャンスはあります。仕事だけをしていると景気が悪い時はボーナスが下がってしまいます。どんな仕事をしていたら生き残っていけるかなんて誰にもわからないし、仕事だけやっていたら、転職していかなければならない。でも、株をやればすごく身軽にお金を増やすことができます。転職するよりも投資の勉強をしたほうが絶対楽。間違ったら早めに売って、違うものを買えばいい。転職して失敗したからといって、すぐにやめて次を探すのは難しいですから。

ーー確かにそうですね…。

 やりたいときがやりどきです!今「やりたい」と思っても始めなければ、3年後に後悔すると思います。『月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法』は、株に興味がない人に向けて書いたので、株って楽しそうと思ってくれたら嬉しい。一年だけやってみてやめるのではなく、いかに長く続けるか。大きく勝つというより、大きく負けないことが大切です。

初心者でもわかりやすい!『四季報』を使った具体的な株式投資術はこちら

月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法

藤川里絵(扶桑社)

¥ 1,512

『会社四季報』のどこをチェックするか、基本的な株式チャートの見方など、注目した株をどのようにウォッチすれば良いか具体的な投資の仕方が紹介されています!株を始めてみたくなった方はぜひご一読を!

商品詳細
月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法
www.amazon.co.jp
商品詳細

藤川さんによる完全初心者向けセミナーが開催!

お話をうかがった人

藤川里絵(ふじかわ・りえ)●カメラマンやスタイリストのマネージメント業に携わりながら、日本最大級のファイナンシャル教育機関「ファイナンシャルアカデミー」にて多数の講座を担当。わかりやすく楽しい授業が話題で、毎回満席になるほどの人気。2010年より株式投資を始め、年間の損益がマイナスになったことがない。2人の娘さんとのエピソードも面白いツイッターもおすすめ。Twitter ID:Forangina 日々の売買を赤裸々に記したメルマガも配信中!

日々の売買を赤裸々に記した平日配信のメルマガ『藤川里絵の勝ったり負けたり”赤裸々”株ノート』
株以外のつぶやきも面白い!藤川里絵さんのツイッターアカウントはこちら

副業や転職よりも絶対かんたん!月に2万円増やす投資術〈準備編〉

貯金だけでお金の不安がなくなればよいけれど、収入を増やすのは難しく、なかなかそうもいきませんよね。だから、貯金から投資に一歩進めたい。難しそうだと思われがちな株式投資について、「株が趣味♡」という藤川里絵さんにその魅力をうかがいました。 撮影/田川智彦 構成・文/ロカリ編集部
6357
記事に関するお問い合わせ