無料の会員登録をすると
お気に入りができます

背中の疲れをじんわりほぐす♡初心者もOK!お手軽ヨガポーズ5選

美容

3. 猫伸びのポーズ

四つん這いの状態に戻ったら、お尻の位置は変えず、両手を前に歩かせて上半身をマットに近寄せます。アゴ先かおでこでマットをとらえて、ワキの下の伸びを感じましょう。

普段あまり腕を上げず、背中を丸めて過ごす時間が多い方ほど、気持ちよく感じられるはず。リンパがあるワキの下を刺激することで、さらに血流を促進させていきます。

4. 下向きの犬のポーズ

もう一度四つん這いの状態に戻ったら、お尻を高く持ち上げましょう。背中だけでなく、太ももの裏やふくらはぎもしっかり伸びるポーズですが、ここでは上半身を伸ばすことを優先させます。

fizkes / GettyImages

両膝を曲げ、お尻を斜め後ろ側に突き出すようにして、背中やワキの下の伸びを深めていきましょう。心臓より頭が下になる逆転のポーズは、脳にまで血液や酸素がめぐり、頭もスッキリしますよ。

5. チャイルドポーズ

4のポーズから両膝をゆっくりと降ろしたら、四つん這いの状態になって膝を大きく開き、足の甲をマットに寝かせます。かかとの上にお尻を降ろして両手を前に歩かせ、おでこと鼻先をマットに委ねます。

fizkes / GettyImages

背中の筋肉が伸びるだけでなく、頭を支える首の筋肉も休められるポーズです。最後はこのポーズで落ち着くまで呼吸を繰り返したら、頭を最後にゆっくり起き上がってきてくださいね。

ヨガポーズで背中スッキリ♡

www.pexels.com

マットやベッドの上でも簡単にできるポーズをご紹介しました。ヨガでは基本のポーズですが、どれも奥が深いものばかりです。爽やかな朝のちょっとした時間や、お風呂上がりのリラックスタイムに、ぜひお試しあれ♡

ガンコな肩こりも解消♡寝る前の「猫ねじりのポーズ」で翌朝スッキリ

長時間のデスクワークや運動不足で肩こりに悩む方は多いものです。誰でも簡単にできるヨガポーズ「猫ねじりのポーズ」は肩こり改善効果もお墨付きで、入眠前にぴったりのポーズ。現役インストラクターの解説つきでお届けします。ヨガマット不要だから手軽にできますよ。
3922
記事に関するお問い合わせ