無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単すぎる美容法♡「朝日を浴びる」だけで良いことずくめな理由8選

美容

6.骨を強くする

食事だけでは補えないビタミンDを作る

太陽を浴びるとビタミンDが生成されます。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する働きがあるので、丈夫な骨を作るのに役立ちます。

女性はホルモンバランスの乱れで、骨粗鬆症になることも多いです。食事だけでなく、日光を浴びるというのも骨には大切なことです。

7.ぐっすり安眠できる

体内時計の働きを正常化

朝日を浴びて体内時計がリセットされることで、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌がストップします。メラトニンが減少すると、体は活動モードになるのです。

同時に、その14~16時間後にメラトニンが分泌される予約がされます。メラトニンが分泌されると、体が眠りに入りやすい状態になります。7時に起きて朝日を浴びれば、21時~23時というちょうどいい時間帯に眠くなるということです。

また、日光を浴びることによって生成されるセロトニンは、睡眠ホルモンのメラトニンの原料でもあります。朝日を浴びることが、その日の安眠にもつながっているのです。

8.美肌にもなれるかも

心と体の健康はお肌にも良い

セロトニンが不足すると、イライラが増えます。ストレスによってドカ食いをすれば、太るし肌も荒れるでしょう。心の安定が食生活の乱れを防いでくれるので、肌にも良いのです。

また、しっかりと睡眠を取ることで、新陳代謝がUPし、健やかな肌に導いてくれます。さらに、抗重力筋で表情筋も引き締まって、若々しく見えるかも。美肌のためにも朝日が役立ちます。

キレイになれる朝日習慣の作り方

寝る前にカーテンを10cmほど開ける

Photo by Eduard Militaru / Unsplash

朝日を感じられるカーテンならば閉めた状態でも良いのですが、遮光カーテンだと朝に光を遮ってしまうので、10cmほど開けておきましょう。起きたい時間に朝日を浴びることで、シャキッと体を目覚めさせます。

記事に関するお問い合わせ