無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネガティブでもいいじゃん!あえてポジティブにならないメリットとは?

世の中には「ネガティブ思考は悪いこと」、「ポジティブに考えよう」という風潮がありますよね。しかし、ネガティブ思考にも良いところはあるんです。無理にポジティブにならなくてもOK! ネガティブ思考の魅力を解説します。

2018年1月
ライフスタイル

ネガティブって悪いこと?

ポジティブだけが正解ではないはず

世の中では前向きな「ポジティブ」思考こそが良いと言われることが多いですよね。「ネガティブ」な人もポジティブにならなきゃいけないの?そんなことはありません。消極的で否定的だからこその良さもあるんです。

Photo by Caju Gomes / Unsplash

そこで、ネガティブであることのメリットや魅力、もっと素敵になるための方法をご紹介します。

ネガティブ思考のメリット7選

①慎重になれる

ネガティブな人は行動したときの不安をぬぐいきれず、腰が重い傾向にあります。たしかに、行動力があるというのは素晴らしいことです。ただ、後先考えずに行動すれば、失敗や危険が降りかかることもあります。

ネガティブな人はそういう失敗や危険を不安に思うからこそ、なかなか行動できないのです。その慎重さは自分や周囲を守るためには大切なこと。熟考した上での安全さを見つけることができるのです。

②自分自身を見直し、成長できる

ネガティブだと「なんで自分はダメなんだろう」と思うことが多いです。それが自分を見直すキッカケになります。完璧な人間なんていないのですから、ダメな部分はいくらでも見つかるもの。

ダメな部分に気づいたとき、どう行動できるかで人は変わります。ネガティブな人はその気づきが多いですから、そのたびに自分が変われるチャンスもあるということ。それが自分の成長にもつながるのです。

③悪いことへの心構えができる

いつも悪い方に考えるので、実際に悪いことが起きてもショックを受けすぎないというメリットもあります。心構えができていて期待をしすぎないので、がっかりすることも少ないのです。

悪いことが起きて周りがパニックになる中、冷静な判断をできるのは心構えをしていたネガティブな人かもしれません。大変なときに頼りになるのは、そういう人です。

④失敗を繰り返さない

ネガティブな人が何よりも恐れるのは失敗。間違わないために考え抜きます。そのため、失敗が少ないのです。とはいえ、人間なのでミスもあります。どんな小さなミスでも落ち込んでしまうのがネガティブさん。

だからこそ「もう失敗はしたくない」と、また熟考するはず。そして、次はもう二度とミスしないのです。どんな小さな失敗でも繰り返さないというのは、ネガティブだからこその強みと言えます。

⑤思考を深めて新たな視点を見つける

常に不安で心配で、悪いことを想定してしまうネガティブな人。悪いことが起きないようにとにかく考えるので、思考が深まります。何事も深く考えることで、いろんな考えが広がり、新たな視点に気づけることも多いのです。

ネガティブな人というのは仕事でアイディアマンなことが多く、人とは違う視点で多くの人を惹きつけるアイディアを生み出すこともできるのです。

⑥悪意を避けられる

ネガティブな人は他人を疑うことも忘れないので、「騙してやろう」「脅してやろう」などという他人の悪意にも気づきやすいため、トラブルに巻き込まれることも少ないのです。

⑦奢らず謙虚

ネガティブな人はどんなに評価されて、どんなに幸せでも、慢心することがありません。それは、この評価が絶対ではない、この幸せが永遠に続くはずがない、とネガティブに考えているから。

どんなに素晴らしい人でもネガティブだからこそ奢らないのです。その姿勢は謙虚そのもの。偉ぶらない人というのは、周りから好かれるものです。

もっと素敵なネガティブになるには

ネガティブであることを恐れない

「ネガティブはダメだ」と思って、自分の気持ちを押さえつけてはいませんか?しかし、気持ちを隠し続けていれば、いつか耐えられなくなってしまいます。ネガティブなのも自分の一部だと受け入れましょう。

ネガティブな気持ちを吐き出すことも大切です。ネガティブなエピソードを面白い話にしたり、ノートの書き出して気持ちを整理したり、ネガティブな部分を見せることを恐れないで。

口には出しすぎない

気持ちを吐き出すことは大切です。しかし、口に出しすぎるのはNG。「悪いことが起きるかも」と言葉にすると、自分の意識がそちらに向かい、本当に悪い方向に進んでしまうこともあります。

Photo by Tanja Heffner / Unsplash

また、「どうせ自分なんか…」とネガティブな発言を誰かに投げかけていませんか?相手は「そんなことないよ」と返してくれるでしょう。しかし、何度もやれば、相手がフォローするのに疲れてしまうかもしれません。

Photo by rawpixel.com / Unsplash

また、気持ちをSNSに書き込むのには注意が必要です。自衛する力があれば大丈夫ですが、その気持ちを利用しようという悪意のある人も存在することを忘れないで。ネガティブなことに罪悪感を抱く必要はありませんが、周りを巻き込まないことも意識しましょう。

リスクマネジメントする

悪いことばかり考えてしまうなら、そうならないために何ができるのかも一緒に考えましょう。「どうせうまくいかない」→「どうしてうまくいかないの?」→「それを改善する」、この繰り返しを行うのです。

Photo by Ben White / Unsplash

行動する前に熟考することで、さまざまな失敗を未然に防げます。リスクの少ない行動を身につけることで、仕事やプライベートでのトラブルを避けることができますよ。

「何をしても後悔する」から一歩踏み出す

ネガティブな人は、行動しなければ「どうして何もしなかったんだ」と後悔して、行動しても「あのときこうしなければ」と後悔することでしょう。ただし、行動した方が経験になり、知識が増え、世界が広がる可能性があります。

どちらにしても後悔するなら、行動して一歩踏み出してみませんか?ネガティブだからこそ前に進むのです。ネガティブな気持ちがそんな勇気を後押ししてくれるかもしれませんよ。

ネガティブにはネガティブの良さがある

ポジティブなのはとても素晴らしいことです。一緒にいて元気をもらえますし、自然と笑顔になれるでしょう。同じように、ネガティブな人と一緒にいれば慎重になれますし、新しい価値観を知ることもできます。

Photo by Rakicevic Nenad / Unsplash

人間はポジティブな側面とネガティブな側面の両方を持っています。そして、それぞれに良さがあるのです。ネガティブな自分を責めすぎないで、それも魅力の一つだと考えてみませんか?

記事に関するお問い合わせ