無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネガティブでもいいじゃん!あえてポジティブにならないメリットとは?

世の中には「ネガティブ思考は悪いこと」、「ポジティブに考えよう」という風潮がありますよね。しかし、ネガティブ思考にも良いところはあるんです。無理にポジティブにならなくてもOK! ネガティブ思考の魅力を解説します。

ライフスタイル
Photo by Tanja Heffner / Unsplash

また、「どうせ自分なんか…」とネガティブな発言を誰かに投げかけていませんか?相手は「そんなことないよ」と返してくれるでしょう。しかし、何度もやれば、相手がフォローするのに疲れてしまうかもしれません。

Photo by rawpixel.com / Unsplash

また、気持ちをSNSに書き込むのには注意が必要です。自衛する力があれば大丈夫ですが、その気持ちを利用しようという悪意のある人も存在することを忘れないで。ネガティブなことに罪悪感を抱く必要はありませんが、周りを巻き込まないことも意識しましょう。

リスクマネジメントする

悪いことばかり考えてしまうなら、そうならないために何ができるのかも一緒に考えましょう。「どうせうまくいかない」→「どうしてうまくいかないの?」→「それを改善する」、この繰り返しを行うのです。

Photo by Ben White / Unsplash

行動する前に熟考することで、さまざまな失敗を未然に防げます。リスクの少ない行動を身につけることで、仕事やプライベートでのトラブルを避けることができますよ。

「何をしても後悔する」から一歩踏み出す

ネガティブな人は、行動しなければ「どうして何もしなかったんだ」と後悔して、行動しても「あのときこうしなければ」と後悔することでしょう。ただし、行動した方が経験になり、知識が増え、世界が広がる可能性があります。

どちらにしても後悔するなら、行動して一歩踏み出してみませんか?ネガティブだからこそ前に進むのです。ネガティブな気持ちがそんな勇気を後押ししてくれるかもしれませんよ。

ネガティブにはネガティブの良さがある

ポジティブなのはとても素晴らしいことです。一緒にいて元気をもらえますし、自然と笑顔になれるでしょう。同じように、ネガティブな人と一緒にいれば慎重になれますし、新しい価値観を知ることもできます。

Photo by Rakicevic Nenad / Unsplash

人間はポジティブな側面とネガティブな側面の両方を持っています。そして、それぞれに良さがあるのです。ネガティブな自分を責めすぎないで、それも魅力の一つだと考えてみませんか?

記事に関するお問い合わせ