無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エッチなシーンを観てみたい♡大人女性に人気のR18映画6選

「AVほど激しくはないけれど、エッチなシーンのある映画が観てみたい…」。表に出さないだけで、そんなふうに思っている女性は意外と多いもの。今回はR18指定の映画をピックアップ♡官能的なシーンをお楽しみください。

2017年12月
カルチャー

ちょっぴりエッチな映画が気になる!

「映像が美しいエッチなシーンなら観てみたい」。そんな時はR18指定の映画をチェックしてみましょう。

R18とは、成人指定とくに「18歳未満禁止」の意味で、映画についてはこれらの視聴制限は映画倫理機構によって定められています。R18のついた作品が閲覧可能な年齢は18歳以上。性的なものや暴力、麻薬などの使用が映像中にある作品が多いのですが、決して大人が観てはいけないものではありません! そこで、人気の高いR18映画を紹介します。

1.『アイズ・ワイド・シャット』

夢なのか、それとも現実なのか

『アイズ・ワイド・シャット』は、1926年に書かれたアルトゥル・シュニッツラーの小説『夢小説』を題材にした作品です。真面目な男性医師が主人公ですが、浮気相手を求めてパーティーや秘密の集会へ顔を出す設定になっています。

この映画の面白い部分は、どこまでが本当でどこまでが嘘かわからないところ。人物名や看板、新聞などにヒントが散りばめられています。官能的なシーンだけでなく、ミステリー要素も楽しめる作品です。

アイズ・ワイド・シャット

ワーナー・ホーム・ビデオ

ニコール・キッドマンとトム・クルーズが主演のミステリー官能映画。400日にも及ぶ撮影はロンドンを中心に行われました。物語の中で起こるのは現実なのか、はたまた夢なのか。不思議な感覚の映画です。

商品詳細
アイズ・ワイド・シャット
www.amazon.co.jp
商品詳細

2.『ピアノ・レッスン』

大人の恋愛は甘く切ない

『ピアノ・レッスン』は1993年に制作された映画で、人妻エイダと独身男性ベインズの不倫が描かれています。女性の監督だからなのか、作品がとにかく美しい。音楽や映像が印象に残ります。

エイダが生きた時代、恋愛は今ほど自由ではありませんでした。そんな部分にも注目しながら鑑賞してみるとおもしろいかもしれません。

ピアノ・レッスン

東宝

カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した今作。女性監督ならではの繊細な感覚で揺れる女心を綴ります。映像の美しさと音楽も話題になりました。

商品詳細
ピアノ・レッスン
www.amazon.co.jp
商品詳細

3.『愛の渦』

SEXについて考えたくなる

『愛の渦』は第50回岸田國士戯曲賞を受賞した同名舞台劇を映画化したもの。フリーター、女子大生、サラリーマン、OL、保育士など、一見普通に見える人たちがSEX目的で集まり、一糸まとわぬ姿で乱れるという衝撃的な作品です。

この作品はエッチなシーンが満載ではあるものの、ドキドキを通り越して哲学的な考えにたどり着く人も多いそう。SEXとはなんなのかを考える良いきっかけにもなります。

愛の渦

TOEI COMPANY,LTD

乱交パーティーでの1日を描いた官能映画。愛とはなにか、SEXとはなにかを考えさせられる作品です。池松壮亮さんと門脇麦さんの脱ぎっぷりも話題になりました。

商品詳細
愛の渦
www.amazon.co.jp
商品詳細

4.『17歳』

若く美しい肉体は一体誰のもの?

『17歳』は売春に手を染める17歳の少女を描いた作品です。若く美しい肉体に群がる男性たち。彼女は多くの男性に抱かれはしますが、心だけは渡しません。けれど、ある男性には心動かされたのでした。

フランス映画らしいアンニュイさ、沈黙。そして男性と女性の性差を感じる作品です。主演のマリーヌ。ヴァクトの美しさも要チェック!

17歳

KADOKAWA

体を売れば売るほど冷めていく心、その中で差し伸べられた救いの手。17歳の彼女はどう変わっていくのでしょうか。フランス映画王道の内容です。

商品詳細
17歳
www.amazon.co.jp
商品詳細

5.『男と女』

寂しい男女が織りなす冬の物語

フィンランドで突然出逢ったサンミンとギホンは、互いに事情を抱える訳ありな人たち。心の隙間を埋めるように二人は接近し、体の関係へと堕ちていきます。彼らはダブル不倫をしていたのでした。

不倫に対する考えは男女で差がありますよね。男性の多くは「お遊び」。一方、女性は「のめり込む」。二人の愛の結末はどうなったのでしょうか。続きは映画でお楽しみください。

男と女

TCエンタテインメント

フィンランドで出逢ったサンミンとギホン。二人は恋愛にのめり込み、お互いを求め合う存在に。ダブル不倫のカップルの行く末はどうなるのでしょうか?

商品詳細
男と女
www.amazon.co.jp
商品詳細

6.『花宵道中』

あさぎりが下した決断とは

『花宵道中』は、第5回女による女のためのR-18文学賞で大賞と読者賞を受賞した小説が映画化した作品です。主演は安達祐実さんで、遊女あさぎりを演じました。

花魁や遊女を描いた作品はたくさんありますが、切ない恋心にフォーカスをあてた今作は女性好みの作風です。女性だからこそ「わかる!」が随所に散りばめられている映画です。

花宵道中

TOEI COMPANY,LTD.

吉原を舞台にした男女の切ない恋物語。宮木あや子の小説『花宵道中』が元になった映画です。安達祐実さんの妖艶な演技をお楽しみください。

商品詳細
花宵道中
www.amazon.co.jp
商品詳細

ドキドキとホロホロを楽しめる

R18指定の映画は官能的なシーンも多いですが、考えさせられることもしばしば。愛とはなにか、性とはなんなのか。そして、パートナーと自分は良い関係を築けているのかなど、見直すきっかけにもなります。

映画の世界にどっぷり浸かったあとは、彼に会いたくなるかも? R18映画は愛情確認にもなりますね。ぜひお楽しみください♡

記事に関するお問い合わせ