無料の会員登録をすると
お気に入りができます

8坪の狭小住宅の6畳リビングでも散らからない!アイデア4選

インテリア

8坪の狭小住宅3階建てに家族4人で住む整理収納アドバイザー&ルームスタイリストで、サンキュ!STYLEライターのmiokoです。

わが家のLDKは14畳、リビングだけだと約6畳の広さです。(造りつけの収納はありません!)人が生活していれば部屋が散らかるのは当然ですよね。しかし、少しのコツで散らかりにくいリビングを作ることができます。狭いわが家のリビングで実践している工夫をご紹介します。

よく使うものは簡単な収納にする

家族がリビングにいるときに何をしていることが多いですか?

・テレビを見る
・飲食する
・本を読む
・ゲームをする
・爪切り
・耳かき
・寝る

わが家の家族はこんな行動をしています。これに付随するものは

・テレビ→リモコン
・飲食→ティッシュ
・本読み→本
・ゲーム→本体とカセット
・爪切り→爪切り
・耳かき→綿棒
・寝る→ブランケット、クッション

が必要だということがわかります。

さらに1日に何回も使用するものは、リビングに座っている状態ですぐに手の届く場所に置いています。リモコン、ティッシュ、ゲーム、爪切り、綿棒は家族も私もよく使うのでかごにざっくりと入れて取り出しやすくもどしやすい収納にしています。

リビングで使わないものは、なるべくリビングに置かずに別の場所に移動させましょう。

ブランケットやクッションも使わないときはイケアのコーヒーテーブルに収納しています。収納を兼ねた家具は狭い部屋との相性がよいですよ。

家族の各自のスペースを設置する

リビングが散らからないために、ダイニングスペースに個人のものを置くスペースを設けています。子どもたちのものは学習コーナーにすべて収めています。

ダイニングテーブルは無くても大丈夫だった!座卓生活始めました

夫と私のものはワークスペース周辺に。入っていればOKというゆるいルールでノンストレス。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ