無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬野菜はこれでばっちり!お家でできる「保存テク」総集編

レシピ

冬野菜、正しく保存できていますか?

買いだめすることも多い年末年始。「これじゃだめだ…」と思いつつも、帰ってきた疲れで野菜をそのまま冷蔵庫に放り込んでしまっていませんか?

長持ちするものが多い冬野菜ですが、適当に保存していてはすぐに傷んでしまいがち。食べきるまえに処分する羽目になってしまうことも珍しくありませんよね。

今回は、そんな冬野菜の正しい保存方法をまとめてみました。今日からおうちでできる技ありテクを、一挙にご紹介します!

①だいこん

葉っぱを切り落としてラップで冷蔵保存!

冬場は安売りしていることも多い大根。保存するときは、真っ先に養分や水分を吸い取ってしまう「葉」を切り落とすのが正解。

根の部分はできるだけカットせず、乾燥しないようにラップでしっかり包み、冷蔵庫へ。葉っぱは固ゆでしたあと刻んで冷凍しておくと汁物の具材に便利ですよ。

カットして冷凍もOK

たくさんあって使い切れない場合は、あらかじめカットして冷凍してしまうのも手のひとつ。食感は変わってしまいますが、煮物にすると味が染み込みやすくなるという利点もあります。

だいこんの冷凍保存

「切り干し大根」という選択肢も

冷蔵庫がいっぱいのときは、切り干し大根にしておくのも便利ですよ。大根を6-7mm角くらいの棒状にカットしたら、あとは100円ショップなどで手に入る竹ザルに並べて日干しするだけ。手間は多少かかりますが、手作りのお味は格別です。

切り干し大根の作り方
記事に関するお問い合わせ