無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[プロが伝授]マスクの時でも崩れないマスカラの選び方と塗り方☆ダマ防止&カールキープのコツ!

メイク

教えてくれたメイクのプロ

Meg.さん

代官山のサロン勤務を経て、2012年からヘア&メイクアップアーティスト、信沢Hitoshi氏に師事。2017年に独立。現在、雑誌、TV、CM、MV、Web広告、ウエディングのヘアメイクなど幅広い分野で活躍中。

ダマにならず、カールが落ちないマスカラの塗り方!

今回のモデル

おとっぴー タレント、モデル

POINT1
マスカラを塗る前にビューラーでまつ毛をカール

最初にビューラーでしっかりまつ毛をカールします。ここで、まつ毛に水分がついているとカールがつきにくいので、スキンケアの後、少し時間を置いてから行うか、急ぐ場合はドライヤーの冷風でサッと乾かしてからにしましょう。

ビューラーはまつ毛の根元から挟み、数秒たってから離します。次にまつ毛の中央、毛先と挟む位置をずらしながら、根元と同様に行います。

上まつ毛は普通のビューラーでOKですが、下まつ毛はカールがつきにくいのでホットビューラーの方がおすすめです。

POINT2
マスカラブラシは小回りの利く細めのタイプ

エテュセ アイエディション(マスカラ) 02 バーガンディブラウン ¥1,200(税抜)※私物

目頭や目尻などの細かい部分や下まつ毛など、短い毛をキャッチしてキレイに塗れるのは細めのブラシです。目の縦幅、横幅も自然な感じで出せるので、ナチュラルなデカ目効果が得られます。

POINT!

抜け感を出したい時にカラーマスカラは効果的です。ブラウンやバーガンディなど、赤みのあるカラーは女性らしい柔らかい印象に仕上がります。キリッとしたハンサム顔にしたい時はパープルやカーキなどがおすすめ。その日のメイクやファッションに合わせて、肌なじみの良い色を選びましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ