無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ブラはセミオーダーする時代!綺麗なバストは自分に合った正しいブラから

今、着けているブラが自分の身体に合っていると自信を持って答えられますか?「パット付きキャミの方が楽だし」とか「サイズ変わらないから…」と適当に選んで着けていると将来大変なことに!今回は、正しいブラの扱い方と、おすすめのセミオーダーブラをご紹介します。

2018年2月
ファッション

着けてる「ブラ」体に合ってる?

今や、身の回りのほとんどのものはネットで買える時代。もちろん下着も然りで、ネット上にはかわいくてお手頃価格なものがたくさんありますよね。

「サイズはいつも一緒だし安いからいっか!」という気持ちで下着を買っている方は特に要注意!ひょっとしたら、自分の身体に合わないブラがあなたのバストの魅力を下げているかもしれません。

合わない「ブラ」のデメリット

バストアップの観点から言えば、良いブラジャー選びが最も重要。合わないブラを着用していると、次のようなことが起こってきます。

胸のサイズが小さく見える

脇や背中の脂肪をバストへ集められず、流れてしまうことでトップの位置が低くなり、小さく見えてしまいます。またアンダーがきついと血行が悪くなりバストアップが望めません。

健康を害す恐れもあり

サイズの合わないブラは、肩こりや頭痛など女性特有の体調不良の原因になることも。また、サイズの合わないワイヤーブラはデリケートな乳腺を傷つけてしまいかねません。

下着に気を使うということは、バストアップだけでなく女性の健康維持にも繋がってきます。今までいい加減にブラジャーを選んでいた方は、これから買う時もっと真剣に考えた方が良さそう。

ブラの寿命って一体どれくらいなの?

女性にとっては大事なアイテムのブラジャー。普段どうやってお手入れしてますか?せっかくサイズを測ってもらって買ったブラも、洗い方や保管方法を間違うと、すぐにバストにフィットしなくなってしまいますよ。

ブラの洗濯限度は約100回ほど

ブラを洗う際は、形崩れが気になりますよね。特に、ワイヤー部分は洗濯機で一緒に洗うと変形しやすく、少しでも長持ちさせるためには手洗いがおすすめです。

洗濯時はブラのホックを留める

洗濯の時、フックは必ず留めておくことと、できればランジェリー用洗剤を使うといった配慮も大切です。また、ストラップなど伸縮部は劣化しやすいので、カップの中にしまって洗濯するようにしましょう。

記事に関するお問い合わせ