無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分好みのあんみつにアレンジ♪谷根千で見つけた甘味処「谷中茶寮 アンとミツ 1949」

おさんぽコースとして人気の谷根千エリア。2017年10月に「谷中茶寮 アンとミツ 1949」は、ちょっと変わったあんみつが看板商品の和カフェです。

スタイリッシュでモダンな空間で和スイーツを味わうと、心がほっと優しい気持ちに。その心温まる味には、素敵なストーリーが隠れていました。

小林利穂

グルメ

おさんぽコースとして人気の谷根千エリア。2017年10月に「谷中茶寮 アンとミツ 1949」は、ちょっと変わったあんみつが看板商品の和カフェです。

スタイリッシュでモダンな空間で和スイーツを味わうと、心がほっと優しい気持ちに。その心温まる味には、素敵なストーリーが隠れていました。

老舗甘味処をリブランド。次の世代が受け継いだ伝統の味

和を基調にしたスタイリッシュな店構え

千駄木駅から徒歩6分。谷根千の中心にある商店街を抜けてすぐにある「谷中茶寮 アンとミツ 1949」は、2017年10月にオープンした甘味処です。

あんこのこだわりやお店の誕生秘話が書かれた舌代

実は、店主の堤皓介さんの祖父が茗荷谷で営んでいた甘味処「梅月」をリブランドさせたお店です。独自の研究と努力で、多くのお客様に愛されていた梅月ですが、体調を崩してしまい、惜しまれながらも1972年にお店は閉店。8年前に体調を崩したのを契機に、幼少期の頃からお客様を一番に思う祖父を見てきた堤さんは「祖父の思いを引き継いでお店を開こう」と、アンとミツをオープンさせました。

店内に入ると目に留まる舌代は、堤さんの祖父が直筆で書いたもの。力強いその文字は、自らが積み上げてきた長い歴史を孫に託す想いが感じられます。

自分好みの味にアレンジできるアンミツ

「クリームアンミツ」(850円)

お店で一番の人気メニューは「クリームアンミツ」。通常のアンミツとは違い、具材が別々になっているため、まずはシンプルに寒天と黒蜜で、次にあんこやバニラアイスを加えて、といったように自分の好みに合わせて味の変化を楽しめます。

北海道十勝産の小豆を使用した自家製のあんこは、祖父の代からのこだわりを忠実に引継ぎ、飽きのこない上質な甘みを引き出しています。

プレートの端にグラニュー糖で描かれた「アンとミツ」の文字にも注目。ひとつひとつ丁寧に仕上げる可愛らしいアクセントも嬉しいですね。

寒い日にほっと一息。「白玉しるこ」

「白玉しるこ」(800円)

ぐっと冷え込む季節にいただきたいのが「白玉しるこ」。
3時間かけて丁寧に仕込んだあんこを使用したおしるこはどこか懐かしく、心温まる一品です。もちもちの白玉とあんこの絶妙な食感を楽しみながら味わってくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ