無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日見るからこそもっとお洒落に♡オリジナルカレンダーのDIYアイデア

カレンダーは毎日見るものだからこそ、自分の好みにぴったり合うものを飾っておきたいですよね。そこで今回は、オリジナルカレンダーの作り方をご紹介します。

2017年12月
DIY

お洒落なカレンダーが欲しい!

Photo by Daria Rudyk / Unsplash

お店で気に入ったものが見つからなければ、カレンダーをDIYしてみませんか?インテリアのテイストに合って、置きたい場所にちょうどフィットするものが手に入りますよ。早速作り方をチェックしてみましょう。

市販のカレンダーをアレンジ!

バインダーに挟むだけで垢抜ける♡

creon-diy.jp

日付が書かれただけのシンプルなカレンダーは、そのまま壁に掛けるよりもバインダーに入れる方が垢抜けて見えます。こちらはバインダーにステンシルを施しているので、カレンダーがなくなっても飾っておけますよ。

バインダーをカレンダースタンドに!
Unsplash

白とゴールドでまとめたバインダーのカレンダーも、高級感があって素敵です。ゴールドが入ったカレンダーは、下のリンク先からダウンロードして印刷するか、手書きで作ってみてくださいね。

「 FREE 2018 printable calendars」からダウンロードできます

ずっと使えるマグネット式

毎月数字を並べ替えればOK!

creon-diy.jp

100均にある「ブリキフレーム」にマグネットを貼るだけで、ナチュラルテイストの使いやすいカレンダーができあがります。1枚作っておけば、毎月数字を並べ替えるだけでずっと使えますよ。

詳しい作り方はこちら

たくさん書くなら黒板!

予定を細かく書いておきたいときに◎

sostrenegrene.com

日付をチェックするよりも毎日の予定を詳しく書き込みたい方には、1週間ごとのカレンダーがおすすめです。玄関などのよく目にする場所におけば、うっかり予定を忘れることもなくなりそうですね。

大きめの木材に黒板塗料を塗り、しっかり乾かすだけで完成します。材料は全て100均で手に入りますよ。

Pin it
ピンもと: jaqjaqbird.com
151

もっとたくさん書き込みたいときは、1ヶ月分の日付だけでなく1週間の予定やメッセージを書く場所も作っておきましょう。枠や曜日など毎月書き直す必要がない部分は、白の油性ペンで書いておくと便利ですよ。

メッセージボードをカレンダーに

水彩画アートでさらにお洒落に

www.crayola.com

透明の板が付いたフレームを使ったメッセージボードは、中に曜日を書けばカレンダーとしても使えます。ここでは60×45cmの紙を使っていますが、お手持ちのフレームに合うサイズで作ってみてくださいね。

0:00~ 厚紙に水彩絵の具を塗りましょう

厚手の紙にマスキングテープを貼り、7×5のマスを作ります。水彩絵の具を多めの水と混ぜて、スプレー容器で吹きかけるか絵筆でランダムに塗りましょう。少しずつ色を重ねてグラデーションにします。

0:45~ 日付と曜日を入れれば完成!

全体が乾いたらテープを剥がし、手書きかシールで曜日を入れましょう。フレームに入れて、ホワイトボード用マーカーで日付を書き込めば完成です。

インテリアとしても飾れる♡「メッセージボード」のDIYアイディア

今週の予定や献立、買い物リストをなどを書くのに便利な「メッセージボード」。いつも見るものだからこそ、できるだけ素敵なインテリアとして飾りたいですよね。そこで今回は、おしゃれなメッセージボードの作り方をご紹介します。
415

ミニマムな日めくりカレンダー

ありそうでないシンプルさが素敵♡

Media?size=l
instagram.com

ありそうでなかなか見つからないミニマムなデザインのカレンダーは、自分で作るのが一番。木を使えば安っぽく見えず、お洒落なインテリアグッズになりますよ。

必要なもの

Photo by Kate Trysh / Unsplash

1cm四方の木材(20cm3本と10cm2本、9cm2本)
8.5×4.5cmの厚紙26枚
木工用ボンド
数字とアルファベットのシール(黒のカッティングシートをくり抜いても◎)
カードリング3個

早速作ってみましょう

動画のように木材を接着剤で貼り合わせて、枠を作ります。穴をあけた厚紙には、数字やアルファベットのシールを貼りつけましょう。これをカードリングでまとめて、木に引っ掛ければできあがりです。

個性のあるインテリアが完成♡

www.pexels.com

カレンダーを手作りすればデザインを工夫できるだけでなく、自分が使いやすいレイアウトにアレンジするのも簡単です。インテリアに自分らしさを加えるためにも、今年はカレンダーを作ってみてはいかがでしょうか?

記事に関するお問い合わせ