無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痛くならないパンプスは手に入る!買う時に絶対外せない5つのチェックポイント

おしゃれなパンプスなのに、痛みで悩まされ結局履けなくなってしまう、なんてことありますね。せっかく買うならなるべく痛くならないパンプスを手に入れたいものです。足が痛くなるのは足のせいではなく、選び方にあったんです。痛くならないパンプスを探すポイントを紹介します。

2018年1月
ファッション

あなたは正しくパンプスを選んでる?

女性なら誰でもパンプスで足が痛くなった経験があると思います。せっかく可愛くておしゃれなパンプスを手に入れたのに、足が痛くなるから結局履けないわ、なんて残念だし、悔しいですよね。

www.pexels.com

足の形は人によって千差万別ですから、どんなにお洒落なパンプスでもあなたの足の形にあわないものは痛くなる可能性があります。あなたの足に合ったものを選ぶと、足のトラブルも減り履く出番も増えますよ。

パンプス選びのポイント

パンプスやハイヒールを選ぶ時、大抵デザインや色で選んでいると思います。確かにデザインも重要ですが、デザインばかりに気をととられ、履きにくい靴を選んでしまうと結局出番が少なくなってしまいます。

靴を選ぶときに抑えておきたいポイントをチェックすることが、自分にあった靴を見つける第一歩です。

①パンプスは夕方以降に選ぶ

朝は大丈夫だったパンプスが夕方にはきつくなって足が痛くなった、そんな経験よくありますね。実はこれ、一日中活動したことで、足がむくんでいるせいなのです。きつくて痛くなるパンプスはつらいものです。

www.pexels.com

夕方からも足が痛くならない靴を選ぶには、足が少しむくんだ状態で確認するのがおすすめです。

www.creema.jp

チェックポイントは①かかと②小指、の圧迫具合です。夕方以降に確認すればむくんだ時に痛くなる場所が分かるので、自分の足にあう靴かどうかわかります。

②必ず両足はいて歩いてみる

パンプスを選ぶ時、片方だけはいて大丈夫!なんて思っていませんか?実は足は左右でサイズが違うものなのです。

www.pexels.com

一般的に、きき足のほうが大きめで、足指の開き具合も微妙に違っています。左は大丈夫だけど右はきつめ、なんてことも珍しくありません。パンプスを選ぶ時は必ず両足はいて、少し歩いてみましょう。

www.pexels.com
記事に関するお問い合わせ