無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セブンイレブン、クリームチーズサンドの中身が… ハリボテ感はやや強め

グルメ

総評としては、「美味しい」「量がたくさん」「安い」という三拍子揃った当たりサンドイッチといえる。

関連記事:セブンイレブンの新作サンドイッチ 具材は「ハリボテ」なのか検証したら…

セブンイレブンの新作サンドイッチ 具材は「ハリボテ」なのか検証したら…

■ブルーベリー果肉入り「クリームチーズ」

続いては、ブルーベリーは果肉入りの『クリームチーズサンド』。東北、関東、新潟県、島根県、広島県、山口県で販売されている。

断面はこのような感じ。マスカルポーネ入りブルーベリーチーズクリーム、ブルーベリーの果肉とソースが入っている。

ブルーベリーの甘さや酸味は感じられるが、商品名のとおりクリームチーズの味が強い。甘いのがあまり得意ではない人も食べられそうだ。個人的には、もう少しチーズ感を抑えてブルーベリーを前に出してほしいと感じたが、クリームチーズが好きな人にとっては嬉しいサンドイッチではないだろうか。やや変わり種のサンドイッチだが、それが税込259円で食べれるのは良い。

■気になる中身は…

こ、これは…後方部分とサイドのスカスカ感が若干目立つ。「もう少しブルーベリー感が欲しい」と感じたが、ブルーベリーソースはあまり入っていないようだ。

メインであるクリームチーズも決して多いとはいえない量。記者の好みでいえばこれくらいの量で十分、もしくはチーズをもう少し減らしても良いと感じたが、この商品を手に取る人はクリームチーズ好きだと思われるため、やや不満を感じる人もいるかもしれない。

関連記事:セブンイレブン、ローストビーフサンドの中身に衝撃 ハリボテ感は変わらず

セブンイレブン、ローストビーフサンドの中身に衝撃 ハリボテ感は変わらず

■変わり種が食べられるのは嬉しい

サンドイッチの両方のクリームチーズ側を並べるとこのような感じ。こうして並べてみると、スカスカ感がより強調されてしまう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ