無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「着回し力の高い」大人クローゼットへ♡捨てるべき服の見極めルール10

20代前半の頃のままのクローゼットになっていては、いつまでも大人の女性になりきれません。 捨てる服と残す服を見極めて、大人の女性のためのクローゼットに変えましょう!捨てる服と残す服を見極めるためのチェックポイントをご紹介します。

2018年1月
ファッション

クローゼットから大人の女性に

20代前半の頃によく着ていた服がまだクローゼットにたくさん眠ってはいませんか?歳を重ねるごとに自分の魅力も変化するもの。その変化にあわせてクローゼットの中も変化させましょう。

Photo by Alexandra Gorn / Unsplash

今の自分にあった服を厳選することで、もっと魅力的になれるはず。残すべき服とそうでない服を見極めるチェックリストをご紹介します。

①自分に必要なアイテムを知る

必要な場面ごとに数を決める

お仕事内容などその時の状況に応じて必要になる服も異なりますよね。まずは、仕事、休日、デートそれぞれの場面を思い浮かべながら、必要な服の数を決めてくださいね。

Photo by Sarah Dorweiler / Unsplash

そうすることで、必要なアイテム数だけを厳選することができるはずです。この時なるべく必要最低限の数にすることを心掛けてください。必要なアイテムの数が決まったら早速厳選していきましょう!

②1シーズン着なかった服か

今の自分に必要ない服と無意識に判断

1シーズン全く着なかった服は、知らず知らずあなた自身が"自分にはもう必要ない"と決めていた服のはず。中には、"こんな服持っていたっけ"と存在すら忘れていた服もあるかも。

Photo by tu tu / Unsplash

1シーズンのうちに全く着なかった服は来シーズンもきっと必要ありません。思い切って処分してしまいましょう。

③汚れや傷みがないか

修繕できない汚れ・傷みは即処分

www.pexels.com

目立つシミがあったり大きく破れていたり、汚れや傷みが一目瞭然の場合にはその服を外に着ていくことははばかられますよね。簡単に直したりできないものは、処分しましょう。

直せるものは直して長く着続ける

単にボタンが取れているだけなど簡単に直せそうなものならば、クローゼットの中身を見直すついでに一気に直してしまいましょう。また、落ちそうな汚れがあるものはまとめて洗ったりクリーニングに出したりしましょう。

朝など忙しい時に気づくと直すのを後回しにして、他の服を選んでしまいがち。時間のある時にまとめてきれいにしておけばワードロープが豊かになるはず。お気に入りの服は特に大切に扱って、長く着続けてくださいね♡

④丈感が短すぎないか

"一枚で着られる"をひとつの基準に

若い頃は可愛く着こなせていたショート丈のスカートやパンツも、年齢を重ねた今の自分にはあっていないかも。

Photo by Hipster Mum / Unsplash

丈感が短すぎないか迷ったら、タイツやレギンスなどを穿かずに着られるかどうかをひとつの基準にしてみてはいかがでしょうか。

⑤体型にあったサイズか

体型にあっているだけでお洒落に見える

年齢を重ねれば体型にも変化が出るもの。体型が変わったのに昔のままのサイズを着ていたり、変化した体型を隠そうとしすぎて大きすぎる服を着ていたりはしませんか。

wear.jp

大事なのは"今の自分の体型"にあった服であること。体型にあった服を着るだけでぐっとおしゃれに見え、あなたの魅力を引き立たせてくれるはず。ぜひ今の自分の体型にあった服を厳選してみてください。

ムダ買いはもうしない!ワタシに本当に似合う服を体型別に指南「ニット編」

体型にあった着こなしをマスターして、自分を輝かせるアイテムを選べるようになるミニ講座。体型のお悩み別に本当に似合う形をご紹介します。今回は秋冬の相棒「ニット」編です。
1275

⑥顔が映えるか

似合う色はずっと同じではない

肌のトーンや顔つきの微妙な変化に合わせて、メイクの仕方を20代前半のころと比べて徐々に変化させている方も多いのでは。それと同じように、自分に似合う服の色も変化するはず。

zozo.jp

前は似合うと思っていたカラーがしっくりこないと残念に思うこともあるかもしれません。しかし逆に、なんだか似合わないな…と諦めていたカラーが似合うようになっているかも!今の自分の顔が映えるカラーをクローゼットに残すようにしてみてください♡

脱・暗くて地味なコーデ!「色」を取り入れた大人の冬コーデLESSON

暗い色ばかり着てしまいがちな今の季節。冬こそ明るいカラーを取り入れて、地味にならないおしゃれを楽しみたいですよね。大人だからこそ似合う冬コーデのポイントを、色別にチェックしていきましょう。
2360

⑦可愛すぎないか

さりげなく可愛いがちょうどいい

大きなリボンやレースがついているなど可愛さを前面に出したアイテムは少女らしさを強調しすぎてしまい、年齢とのギャップに違和感を感じてしまうかも。

zozo.jp

でも大人の女性だって可愛くありたいですよね。可愛いデザインなら落ち着いたカラーのものにしたり、袖に小ぶりなリボンがあったりなど、可愛さをさりげなく取り入れられるアイテムがちょうどよさそうです。程よい可愛さのものを残すようにしてみてくださいね。

さり気なく可愛い♡3つのアイテムで叶う冬の愛されコーデ集

季節は冬。寒い季節だからこそ着たくなるアイテムがたくさんありますよね。そのなかでも“愛されコーデ”が叶うアイテムをピックアップ。大人ももっと可愛くなれる冬コーデをご紹介します。
2423

⑧生地の質感に品があるか

上品さは大人女性の魅力を高める

特に上品さを感じやすいポイントが生地の質感です。同じデザインでも生地感の違いで、感じられる上品さはぐっと変わってきます。

*
* 
カシミヤセーターが心地よい季節🍁
zaraのドットパンツ、ドット好きには
たまらない♡気づけば ルームウェアは
ドット多め〜🙄
*
*
#シマシマも好き #カシミヤ #ニット#outfit
#チェック #カジュアル #コーデ #今日のコーデ #ゴールデングース #ザラ #ストール#tomorowland #zara #cashmere #knit #ロカリ #mery #セレクトグラマー #セレクトグラマー応募 #シンプルコーデ #instagood #fashion #outfit #love #like #like4like #starbucks
instagram.com

最近は必ずしも高価なアイテムではなくても、良質な素材・仕立てのアイテムを手に入れやすくなっています。上品さは大人の女性の魅力を高めてくれるはず♡ぜひ上品さを感じられるアイテムを厳選してみてください。

プチプラ服にプラスしたい!「10年愛せる定番服」セレクション

もうファストファッションだけじゃ辛い年頃ですから…。アラサーになったら、そろそろ大人の上質アイテムを揃えていきたいですよね♡買って損なくずっと着られる10年愛せる定番アイテムをご紹介いたします。
8122

⑨流行遅れになっていないか

流行の服は1シーズンで着倒せる分だけを

流行がすぎてしまった服も、もったいなくていつか着ることもあるかも、となかなか捨てられませんよね。しかし、一度流行の去ってしまった服はなかなか外には着て行きづらいもの。

毎年変わる流行の服を残し続けていてはクローゼットがいくつあってもきりがありません。流行に左右されやすい服は1シーズンで着倒すと割り切って順次入れ替えを。そのため流行の服は1シーズンで着倒せる分だけそろえ、後は定番の服を多く残すようにしてみましょう。

⑩コーデ例が思い浮かぶか

思い浮かばない服は結局着ない

一目惚れで衝動買いしてしまったアイテムに多いのが、"合わせて着る服がない"という悩みでは。また、必要ない服を処分していく中で合わせる服がなくなってしまうことも。

合わせる服を買い足すことで出費もかさむうえ、クローゼットの中身もどんどん増えてしまいます。どうしても着たい服以外は、結局着ないと割り切って処分してみてはいかがですか。

大人の女性のクローゼットへ

Photo by Shanna Camilleri / Unsplash

いかがでしたか?大人の女性にふさわしいクローゼットにアップデートしてみてくださいね。きっと毎日のコーディネートがもっと楽しくなるはずです♡

記事に関するお問い合わせ