無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「着回し力の高い」大人クローゼットへ♡捨てるべき服の見極めルール10

20代前半の頃のままのクローゼットになっていては、いつまでも大人の女性になりきれません。 捨てる服と残す服を見極めて、大人の女性のためのクローゼットに変えましょう!捨てる服と残す服を見極めるためのチェックポイントをご紹介します。

2018年1月
ファッション

クローゼットから大人の女性に

20代前半の頃によく着ていた服がまだクローゼットにたくさん眠ってはいませんか?歳を重ねるごとに自分の魅力も変化するもの。その変化にあわせてクローゼットの中も変化させましょう。

Photo by Alexandra Gorn / Unsplash

今の自分にあった服を厳選することで、もっと魅力的になれるはず。残すべき服とそうでない服を見極めるチェックリストをご紹介します。

①自分に必要なアイテムを知る

必要な場面ごとに数を決める

お仕事内容などその時の状況に応じて必要になる服も異なりますよね。まずは、仕事、休日、デートそれぞれの場面を思い浮かべながら、必要な服の数を決めてくださいね。

Photo by Sarah Dorweiler / Unsplash

そうすることで、必要なアイテム数だけを厳選することができるはずです。この時なるべく必要最低限の数にすることを心掛けてください。必要なアイテムの数が決まったら早速厳選していきましょう!

②1シーズン着なかった服か

今の自分に必要ない服と無意識に判断

1シーズン全く着なかった服は、知らず知らずあなた自身が"自分にはもう必要ない"と決めていた服のはず。中には、"こんな服持っていたっけ"と存在すら忘れていた服もあるかも。

Photo by tu tu / Unsplash

1シーズンのうちに全く着なかった服は来シーズンもきっと必要ありません。思い切って処分してしまいましょう。

③汚れや傷みがないか

修繕できない汚れ・傷みは即処分

www.pexels.com

目立つシミがあったり大きく破れていたり、汚れや傷みが一目瞭然の場合にはその服を外に着ていくことははばかられますよね。簡単に直したりできないものは、処分しましょう。

直せるものは直して長く着続ける

単にボタンが取れているだけなど簡単に直せそうなものならば、クローゼットの中身を見直すついでに一気に直してしまいましょう。また、落ちそうな汚れがあるものはまとめて洗ったりクリーニングに出したりしましょう。

記事に関するお問い合わせ