無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ムリに朝食をとる必要ない!? 漢方のプロが教える、不調を寄せつけない「正しい食事」のポイント5つ

美容

「朝食は必須」は本当?

朝食は食べたほうが健康によいといわれています。しかし、朝食は「食べても軽くしている」という人も多いようです。

「じつは長年日本人は1日2食だったといいます。1日3食は比較的新しい習慣。また自律神経の働きからしても、朝食をとると副交感神経が優位になるのに、その直後に出勤をすると、体を活動的にするために交感神経を急激に優位しないといけないわけです。つまり重要なのは“食休みがしっかりとれるときに食事をすること”であって、ムリに朝食をとる必要はないのです」と山本先生。

食べないといけないと思い込まず、食後の休みが30分程度とれるゆったりしたなかでの朝食を心がけてみましょう。

正しい食事の方法とは?

1.お腹が空いたら食べる

「時間が来たから食べる」、「高いものだから食べる」、「つき合いで食べる」といった機会が多くありませんか。食事の基本は空腹かどうかです。

2.楽しんで食べる

どのような栄養素をとるかも大切ですが、それ以上に食事で喜びを感じることが大切です。五感をフルにして食事を楽しみましょう。

3.旬の食べ物を選ぶ

「根菜や小松菜、白菜などの冬野菜は“冷えた体を温める”という効果があるように、旬の作物には、その季節に合った食効があることが見逃せません。『自然を体にとり入れる』という意味でも、旬のものを食べることは、健康を保つために重要なことなのです」(山本先生)

4.土地のものを食べる

食生活が欧米化し、日本人が肉を食べ、外国の食べ物を口にするようになっていますが、欧米化してから100年も経っていません。
「昔から口にしている日本の食べ物と比べると、 外国の食べ物に体が完全に適応しているとはいえないのではないでしょうか。日本人の体に合うのは、やはり昔から日本で作られ、先祖の代から口にしてきた食べ物なのです」(山本先生)

5.いろいろなものを食べる

納豆、にんにく、キャベツなど、健康によいからと毎日同じものを食べ過ぎていませんか。
「ダイエットのため、健康のためという大義名分があったとしても、特定の食品ばかりを食べることは“偏食”の一種といえます。特定のものばかりを食べる弊害は、何より栄養バランスが崩れることにあります」(山本先生)

正しい食事は一般的な栄養価だけでないということ。あなたの不調の原因は食事にあるかもしれません。食事おいても体質にあった“ニューノーマル”をつくっていきましょう。

文/庄司真紀

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ