無料の会員登録をすると
お気に入りができます

数日に1回で十分でした♡やりすぎ注意の美容法8選

美容

④角質ケアのピーリング

肌への刺激が強すぎる

肌の古い角質を落として、硬くゴワゴワした肌から、新しくつるんとした肌にするピーリング。こんなつるつる肌になれるならと毎日やりたい気持ちもわかりますが、それでは刺激が強く、肌が弱ってしまいます。

頻度の高い角質ケアは、新しい角質ができる前に削ってしまうので、肌が傷ついてしまうのです。

商品の使用頻度に従う

商品に「週に1~2度」「1ヶ月に1回」など使用頻度が書いてあるはずです。まずはその頻度で使いましょう。1度目はなんともなかったのに、2度目から肌が赤くなったり、乾燥がひどくなるなら、その頻度が多すぎるのかもしれません。

それなら、少し期間をあけて使うようにしましょう。人によって肌質は違うので、自分の肌に合った頻度を見つけることが大切です。

⑤ごしごしフェイシャルマッサージ

しわ・たるみ・乾燥肌に

フェイシャルマッサージは顔のたるみを予防し、リンパの流れを良くしてむくみ改善にもつながる美容法です。しかし、強くやりすぎると肌の負担になって、逆にしわやたるみを作ってしまいます。

また、肌への刺激が強ければ、荒れたり乾燥して肌の質も悪くなってしまうかも。

基本は優しく、週に2~3度

フェイシャルマッサージは痛いほど強く行う必要はありません。肌を傷つけないことを意識して、優しくマッサージしましょう。マッサージジェルやオイルを塗って、滑りを良くするといいですよ。

また、毎日行わなくても、週に2~3度で十分そうです。

⑥美顔器のスペシャルケア

美顔器なしではいられなくなる?

最近では自宅で気軽にできるエステとして、美容家電を愛用している方もいるのでは?スキンケアなら美顔器がありますよね。

記事に関するお問い合わせ