無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ムダ買いがなくなった!…女性約200人に聞いた「コロナ禍の節約テク」

節約・マネー

今現在、金銭面で苦しい思いをしていると回答した人

「イベントの仕事が決定した後、企業側の都合でキャンセルになることも。予定を空けていたのに急に仕事がなくなり、非常に不安定です。キャンセルフィーが出ないことも」(33歳・自由業)
「いろいろなイベントが中止になったり、規模が縮小されたりして収入が落ちました。副業を考えています」(35歳・その他)

コロナ禍による不安は、いろいろなところで出ています。貯蓄に力を入れたり、副業を考えたりする人も実際にいました。

節約を意識するようになった人が60%近く!

それでは、新型コロナウイルス流行の影響で、節約するようになった人はどのくらいいるのでしょうか。

節約するようになった 59%
特に節約していない  41%

節約するようになったと回答した人が、そうでない人を上回る結果に。あなたは節約を意識するようになりましたか?

金銭管理で困っていることは?

実際に節約を始めようとしても、なかなかうまくいかないというのが実情。金銭管理をするうえで、実際にはどんなことで困っているのかを聞いてみました。「あるある!」と、共感できることもあるかも。

家計簿が続かない!

「自分の支出内容を全く把握できておらず『何でこんなにお金がギリギリなんだろう』と思っているのに、家計簿をつける気が全く起こりません。LINE Payを利用していると『LINE家計簿』で勝手にデータ化してくれるので、それを見て少し把握する程度…」(28歳・会社員)
「家計簿をつける習慣がなかなかつかないです」(31歳・会社員)

電子マネーで管理が複雑化…

「カードやペイ系、現金など、いろいろな決済方法があるため、1か月の支出を計算できない」(25歳・会社員)
「キャッシュレスの種類が増えてきたので、管理する媒体が違って大変。うまくまとめるアプリもあるようですが、情報流出で怖い思いをしたことがあるので、以前のように使えていません」(35歳・専門職)
「基本キャッシュレスなので、自分が使っているものと家族用で使っているものが把握できていないです」(31歳・自由業)
「キャッシュレスになってからお金の管理が全然できていません。なるべく使わずにと思っていますが、ポイントがつくと言われると、つい余計なものを買ってしまう…」(33歳・会社員)
「キャッシュレス生活により、ATMに行くことが少なくなったので、口座残高を確認する頻度が減りました。ときどきネットバンキングで確認しますが、使いすぎ防止のために確認頻度を増やしたいです」(34歳・専門職)

こんなお悩みも…

「夫婦で財布がバラバラなので、正直世帯の支出が把握できていないです…」(34歳・主婦)
「食材を腐らせることが多く、食費が無駄になっています」(30歳・自営業)
「ストレス発散のためにお酒を飲むようになりました。缶ハイボールを毎日買うようになって、意外と出費するんだなと痛感…」(30歳・自営業)

筆者自身、頷くような悩みがたくさん。お金の管理の難しさを、改めて考えさせられます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ