無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思わず写真を撮りたくなる!フォトジェニックな全国の美術館5選

旅行先で観光地めぐりもいいですが、喧騒から離れて美術館でゆったりとした時間を過ごすのも乙なもの。特に現代美術館は観光客が少なく混んでいないのに、素敵な作品があって魅力的です。思わず写真を撮りたくなる、全国のフォトジェニックな美術館をご紹介します。

2018年1月
旅行・おでかけ

カメラを持って美術館へ行こう!

pixabay.com

美術館というと写真を撮ってはいけないイメージがあるかもしれませんが、最近は写真OKの展覧会や常設展示もたくさんあります。今回は、鑑賞しても写真を撮ってもおもしろい美術館を紹介致します!

1.十和田現代美術館

まちなかのカラフルな現代美術館

towadaartcenter.com

こちらは青森県十和田市にある現代美術館。オノ・ヨーコや草間彌生、ロン・ミュエクなど国内外のアーティストの作品をコレクションしており、その作品は建物の外にまで広がっています!

towadaartcenter.com

中には、とても建物内とは思えない巨大な像も。見ている人の常識を問うような作品もあり、思わず目を奪われるカラフルな作品もあり。いろいろな楽しみ方ができる美術館です。

十和田市現代美術館

2.感覚ミュージアム

アートは視覚だけじゃない!

www.kankaku.org

宮城県大崎市にある、日本で初めての「感覚」をテーマとした美術館。視覚、聴覚、嗅覚、触覚といった人間の感覚に訴えかける作品が集められ、館内をめぐるだけで普段意識しない感覚が活性化するのを感じられます。

www.kankaku.org

石田智子さんの作品『香りの森』。細く切った紙のヒモ・紙縒り(こより)30万本でできた紙の森です。そばを歩くだけで紙の擦れる音が鳴り、時間がゆっくりに感じられます。一部撮影不可の作品もあるのでご注意を!

感覚ミュージアム

3.ICC

最新技術とアートの融合!

www.ntticc.or.jp

NTTインターコミュニケーションセンター(略称ICC)は、東京西新宿の京王新線初台駅から徒歩2分のところにある美術館。技術とアートが融合した「メディア・アート」というジャンルの作品を展示しています。

www.ntticc.or.jp

現在展示されている『herering』は、手に持ったセンサーを動かすことでスクリーンの色と音が変化していく作品。自分の動きと連動する色と音に不思議な感覚に陥ります。撮影不可の作品もあるので要注意です。

NTTインターコミュニケーション・センター

4.越後妻有里山現代美術館

自然と地域性を素朴に感じる美術館

新潟県十日町市にあるこちらの美術館の通称は「キナーレ」。地域の方言の「来なされ(来てください)」と、地域特産の着物を「着なされ(着てください)」という言葉を掛け合わせた通称だそうです。

カルロス・ガライコアの『浮遊』は、普通の家屋と越後妻有の家屋の形が空中に散らばって星空のように見える作品。美術館周辺の地域性を感じられる、美しくて面白い作品が集まっています。

越後妻有里山現代美術館

5.金沢21世紀美術館

自分の感覚を疑いたくなる!

www.kanazawa21.jp

石川県金沢市にある現代美術館。ピピロッティ・リストやジェームズ・タレルといった現代アーテイストの作品を多数収蔵し、野外展示の作品も豊富。写真の作品『スイミング・プール』も野外にあります。

www.kanazawa21.jp

コレクションの一つ『世界の起源』。展示室の壁の中央に、周囲とは異質な黒い楕円があります。くぼんでいるのか?それとも平ら?実はこれ、青い顔料が塗られた穴なんです。自分の感覚を疑う作品がそろっていますよ。

金沢21世紀美術館

美術館で新しい考えが浮かぶかも!

www.designerspics.com

アートは常識をくつがえし、新しい考えを与えてくれることもあります。フォトジェニックな写真を撮りに訪れて、ついでに心もリフレッシュしてしまいましょう。これまでにないアイディアが浮かぶかもしれませんよ!

記事に関するお問い合わせ