無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット停滞期から脱出!「チートデイ」をやってみよう♡

ダイエットを続けていると、なかなか体重が減らない停滞期が訪れることもありますよね。そんな人におすすめしたいのが「チートデイ」。なんと逆にたくさん食べることで停滞期を脱出できるんです。そんな「チートデイ」の正しいやり方をご紹介します。

2018年1月
美容

ダイエットしてもなかなか痩せない…

「チートデイ」を取り入れてみて

ダイエットを続けていると、なかなか痩せない時期が訪れますよね。そんな「停滞期」は今までと同じようなメニューを続けていても意味がないということをご存じでしたか?

停滞期を抜け出すためには「チートデイ」を設けることが大切なのです。

「チートデイ」って何?

そもそも停滞期とは?

ダイエットを続ける中で減量のために摂取エネルギーも少なくなりますよね。これにより、あるときを境に体が飢餓状態だと体が勘違いします。そのため、生命を維持しようとホメオスタシス(恒常性)機能が働くのです。

このホメオスタシス機能によって、体が消費エネルギーを抑えて少ない摂取エネルギーでも効率よく体を働かせようするため体重が減らなくなります。これが停滞期のメカニズムです。

そのため、この停滞期に運動をしても食事制限をしても、体が「危機だ!」と思い込んでいる状況を変えなければ、ダイエットをしても痩せにくくなってしまいます。

「チートデイ」なら1日で停滞期を脱出

チートデイとは、この停滞期にあえてたくさん食べて摂取カロリーを増やすことで、体に「飢餓状態じゃないよ」と教えることです。これにより体はホメオスタシス機能をオフにして、また体重が減るようになるはず。

いっぱい食べるチートデイは1日だけ。たった1日で停滞期を脱出できるようになるかもしれないんです。ダイエット中にたくさん食べられるは嬉しいことですから、自分へのご褒美の日とも言えるかもしれませんね。ただし間違った方法だとかえってダイエットの妨げに。正しいチートデイのやり方を身につけましょう♡

チートデイのやり方

体重の5%以上減っていたら行う

ダイエットを始めて、すぐにチートデイを行っても意味がありません。ただ摂取カロリーが多くて体重が増えてしまうだけです。開始時と比べて体重が5%減っていて、体脂肪率が20%前後の人のみ行いましょう。

記事に関するお問い合わせ