無料の会員登録をすると
お気に入りができます

甘みがジュワ~! 玉ねぎの副菜レシピ5選

レシピ

みじん切りにしてひき肉料理に入れたり、スープの材料にしたりと使い勝手のよい玉ねぎ。常備しておこうと意識するあまり、買い置きしすぎてしまうこともありますよね。そんな時は、玉ねぎをメインにした副菜を作ってみましょう。ほんのりと甘い玉ねぎの副菜は、どんなメインディッシュともよく合いますよ。

【玉ねぎステーキ】(125Kcal、塩分0.1g)

<材料・2人分>

玉ねぎ横 1/2個、トマト 小1個、オリーブ油 大さじ1、バター 10g、好みでパセリのみじん切り、粉チーズ

<作り方>

1. 玉ねぎとトマトは、横に半分に切る。

2. フライパンにオリーブ油を熱し、玉ねぎを並べて焼く。下の面に焼き色がついたら上下を返し、端に寄せてトマトを並べて焼く。トマトの両面に焼き色がついたらバターを加えてからませる。好みでパセリのみじん切りと粉チーズをふっても。

オリーブ油でじっくりと加熱してイタリアン風に仕上げます。ほのかな酸みのあるトマトと一緒に食べれば、さわやかな味わいに。最後にふりかける粉チーズの程よい塩けとコクが、玉ねぎのうまみを引き出します。

【蒸し玉ねぎのオーロラソース】

オーロラソースはマヨネーズとトマトケチャップを混ぜて作ります。ちょっぴり加えたタバスコがアクセント。

【玉ねぎのハニーマスタード】

玉ねぎのシャキシャキとした歯ごたえが食欲をそそる1品。はちみつ、粒マスタード、しょうゆで味つけてからは焦げやすいので、手早く炒めてくださいね。

【玉ねぎの甘辛炒め】

1cm幅に切った玉ねぎを砂糖、しょうゆ、酒で炒めます。パパッと作れるので、お弁当のすき間埋めおかずとしても利用できそう。

【焼き玉ねぎ】

玉ねぎは薄皮をつけたまま調理するのがポイント。香味野菜とピーナッツを混ぜたみそをぬり、こんがりと焼き上げましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ