無料の会員登録をすると
お気に入りができます

時間とお金のムダをカット♡賢い「冷蔵庫収納」の極意

節約・マネー

冷蔵庫を開けるたびうんざり…

週末に1週間分の食料をまとめて買って整理整頓しても、取り出すたびにひと苦労…なんて方も多いのでは?また、せっかく買ったのに、賞味期限が切れて食べ忘れてしまうこともあったり。

毎日何度も使っている冷蔵庫。収納上手になりたいと思っても片付けは後回しで、何が入っているのか分からなくなっていませんか?詰め込みすぎると、冷気が全体に行き届かず、電気代に影響を及ぼす場合も。

上手に収納する癖を身につける

冷蔵庫を開けた時に、ひと目でどこに何があるか分かると、冷蔵庫の開閉時間を短縮でき、食材のロスも防ぐことができます。つまり、時短かつお財布にやさしいので、一人暮らしの女性や主婦にはありがたい限り!

いつもキレイな状態をキープできている収納達人たちは「自分のルール」があるのだとか。具体的にどうしたら良いの?という方のために、冷蔵庫+冷凍庫の場所別に、収納のコツをご紹介していきましょう。

野菜室

野菜自体それぞれ形がバラバラなので、入れ方によって無駄なスペースができてしまい、鮮度も落ちやすくなってしまいます。ただ、野菜を適当に入れていくのではなく、野菜ごとに合った収納をしましょう。

ポイント
・家族の誰が見ても探しやすく、出し入れやすい
・隠れているものがなく、すべて可視化できる
・奥のものも取り出しやすいように工夫されている

100均などの収納ボックスを利用

野菜の大きさや形状ごとに100均などの収納ボックスをうまく使い分けて保存すると、見た目もよくスペースも有効に使えますよ。

ペーパーバッグも使える!

ブラウンペーパーバッグを使うことで、万一ボックス内が汚れたとしてもサッと取り替えるだけなので、掃除の手間も省けます。見た目オシャレ感もバッチリ♡

使いかけは密閉容器に

使いかけの余った野菜は、密閉容器にひとまとめに保存しておくと使い忘れを防ぐことができるので便利!こちらも容器の大きさを揃えると、統一感が出るのでおすすめです。

記事に関するお問い合わせ